スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡崎の春は? ハナノキの芽吹き、フッキソウ開花、ヤシャブシとオオバヤシャブシの違いが!ヒイラギナンテンがきれい!

  作手で、一週間ほど前からウグイスが鳴き始めました。ウグイスの初鳴きです。やはり嬉しいですね。春の訪れです。まだ泣き方がぎこちないですが、・・・・。

  一週間ほど前に、岡崎の総合公園の恩賜池からバーベキュー広場をまわるコースを歩きました。恩賜池では、ハナノキの新芽を見ました。花の木は驚くことに新芽が真っ赤なのです。普通の植物は新芽が緑色なのですが、これは違います。真っ赤な新芽に驚かされますね。


ハナノキの新芽?

  隣の木では、もう花をつけていました。下の写真がそれです。ハナノキの花は美しいですね。

ハナノキの花が

  今は、レンギョウの花が満開です。この公園でも満開でした。黄色い花がきれいです。

レンギョウの花をアップ

  いかにも咲き始めるようにつぼみが膨らんだヤマザクラです。つぼみもきれいなものですね。。

枝垂れ桜の花芽が

  この場所でしか見たことがない花なのですが、下はフッキソウです。花の形が普通ではありませんね。花の先端が茶色なんて、見たこともありません。この季節に、この場所でしかお目にかかれないのですから、貴重です。

フッキソウの花が咲いていた

  ラッキーでした。下はルリタテハです。道端にルリタテハが止まっていたのです。慌ててシャッターを切りましたが、立派に写っていました。嬉しかったです。

ルリタテハがきれい

  下は、ヤシャブシの雄花です。この季節、どこにでも見られるのですが、雑木の穂が黄色くなっているのはヤシャブシですね。

ヤシャブシの雄花が

  ところが最近、オオバヤシャブシという近縁種があることを知りました。名前のとおり葉が大きいのです。下はその雄花(黄色)と雌花(茶色)です。オオバヤシャブシは、ヤシャブシよりも雄花も太くて大きいのです。

オオバヤシャブシの雄花が

  今回、その違いがわかったのは、お花ばかりでなく幹の木肌が古くなると下の写真のように木肌が剥がれるようになることが分かりました。

オオバヤシャブシの木肌が

  下は、ムベです。毎回ここに来てはムベの生態を観察しているのですが、今回はムベが花をつけ始めた段階の姿を写しました。もう少し立つと、きれいな花に成長するのですが、今はつぼみにもなっていません。花が咲く時を期待したいと思います。

ムベの花の始め

  この公園でいつも楽しみにしているのは、下の写真のヒイラギナンテンです。こんなきれいな黄色い花を付けるなんて、本当に素敵です。ヒイラギなのか、ナンテンなのか、どちらとも分かりませんが、基本的にはナンテンなのです。葉がヒイラギに似ているのでその名が着いているのですね。

ヒイラギナンテンの花がきれい









スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。