スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足助の街並みとおひなさまが美しい!土雛が面白い!

 足助おひなさまをご案内しています。
 下は、明治39年の内裏雛です。家の方に聞いたところ、明治39年というのは、この家のひいおばあさんが生まれた時に作ったものと聞きました。その家に子どもが生まれると、親族や近隣の人々から 雛人形が贈られたと言います。女の子でも男の子でもお祝いするのが習いだったそうですので、お雛さまの風習はここでは、女の子だけではなかったようです。


土雛の内裏雛

   下は土雛ですが、当時庶民のあいだで親しまれてきたキャラクターが人形になっています。ここには出ていませんが、多くの土雛は有名な武将の蔵が描かれて いました。それは、男の子であれば、このような優れた男になるようにと、女の子が生まれればこのようなたくましい男に出会いますようにという祈りでした、 というのです。面白いですね。土雛というのは、漆喰で型どった人形に色を塗って人形にしたものです。これまでに示したようなお雛さまは、大変高価なもので、お金持ちしか持てません でした。庶民には高嶺の花だったので、もっと安価な値段で手に入る土雛が庶民に流通したのです。華やかの美しさはありませんし、長い年月が経つと色が落ち てくる難点があるのですが、それなりの独特の風情があります。


土雛

  下は、比較的最近の土雛です。まだ色鮮やかです。しかし、時代によって題材が変わっているのですね。

最近の土雛

  足助街並みが美しいと話しましたが、下の写真の家も立派です。白壁と黒い壁が調和が取れていてきれいですね。本屋さんなんて、洒落ていますね。

街並みが美しい

  雛人形を見ていると、その周囲にきれいな吊るし飾りが付けられていることが多いのです。それがお雛さまを美しく飾っているのですね。その吊るし飾りが民家の壁にショウウィンドウのようにして飾られていました。丸い玉の飾りがきれいです。
  同じ頃、九州の友人が柳川の「さげもんひなまつり」に行ってきたと、メールをくれました。「さげもん?」と思って尋ねたら、足助のつるし飾りと同様のものをこのように言うのだそうで、ついでに柳川の「さげもんの由来」を紹介してくれました。女の子の誕生を祝う気持ちは一緒ですが、その一つ一つの飾り物に、健やかで可愛く豊かに長寿でなどを願う由来があることが分かりました。ネットで見ましたが、柳川のさげもんひなまつりも見事です。

吊るし飾りの展示

  町並みの風景をお見せしましょう。足助の往時の栄えた様子が目に浮かびます。大勢の人々がこの街を歩いていたのですね。
町並みの風景2

  下も同じです。歩き疲れたので、二三軒先のお店で抹茶を飲ませてくれる喫茶店があったのでそこに入って一休みしました。

町並みの風景3



  最後は「三州足助屋敷」に行って見学したのですが、そこは以前詳しく報告したことがありますので省略しますが、そこは江戸時代の昔に行われていた鍛冶屋、畳打ち、和傘作り、民具制作、竹細工、藍染などを展示すると同時に実演してくれるのです。じっくり見ると一日中かかるくらい、面白いのです。現代人が忘れてしまった昔の人々の暮らしぶりがよく分かります。一度訪ねてみることをお勧めします。
  下は、古民家の前の植え込みみ立っていた、竹馬に乗った市松人形です。面白いので写しました。


竹馬の市松人形

  わずか二日間でしたが、お姉さんたちに大変喜んでもらえました。ボク達も楽しいひと時でした!




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。