スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳳来寺山東照宮、鷹打場展望台、天狗岩展望台と歩いて帰ってきました!抜群の景色の展望を満喫!

    前回の続きで、ようやく行者越から東照宮に戻ってきました。東照宮の本殿は、したの写真です。徳川家康が日光の東照宮になぞらえて作らせた神社と言われています。豪華絢爛たる社殿ですね。東海自然歩道は、そのすぐ脇から入ります。

東照宮の社殿

  行者越の道と同じように、岩場の多いアップダウンの山道が続きました。植物は行者越の沿道とほぼ同じでした。行き着いた先が、下の写真の鷹打場展望台です。写真のように、見事な展望です。周囲の山々が360度とは言いませんが、素晴らしい景色です。鷹打場という名前なのですが、見晴らしが良いので、昔、武士たちが空を飛んでいる猛禽類のタカを鉄砲や弓で射止める場所だったのではないかと推測しているのですが、・・・・。
  ここで食べた昼のお弁当、お握らずが美味しかったのです。お握らずってご存知でしたか、握らないおにぎりのことです。NHKテレビで紹介されたとのこと。


鷹打場展望台

  道々、驚いたことに、沿道にホソバシャクナゲが至るところに生えていたのです(下の写真)。ホソバシャクナゲは、静岡県西部と愛知県東部にしか生息しない地域固有種で、とても珍しい植物なのです。人が植えたとは思えないほど山の中にたくさん生えているのです。まさに自生しているのですね。ボクが今まで見たところによれば、自生しているのは作手では2箇所くらいです。美しい花なので庭園などに植えられているのはたくさん見ているのですが、自生は滅多に見られないのです。それが驚きだったのです。

ホソバシャクナゲがいっぱい

  そして、同じような岩場の山道をたどって、下の写真の天狗岩展望台に着きました。建物は古びて崩壊の危険性があるためか、ロープが張られて入れませんでしたが、絶景でした。そのころからボクの持病の右足のくるぶし付近が痛み始めてしまったので、そこから引き返すことにしました。鳳来寺山の山頂まで、あと500mくらいというのに、残念でした。これは行者越の道で1時間のロスをしたためですので、次に来るときはロスをなくして登ることにすればもっと楽に山頂まで来れたと思います。

天狗岩展望台

  下の写真は、沿道で見た樹木の木肌です。とても特徴的な木肌ですが、樹種は分かりません。ボクは見たことがありません。どなたか教えてください。

この木肌の木は?

  下の写真は、この地方の岩石の松脂岩の映像です。岩場が多いと言いましたが、大部分は流紋岩で白っぽい岩でもろい性質があります。その中に、このような黒っぽい岩が所々に出ています。それが松脂岩です。岩石学的には難しい表現になるのですが、ウィキペディアによれば「松脂岩は、多少脱ガラス化したガラス質の緻密な火成岩で,ピッチ状または樹脂状の光沢を示している。普通は岩脈または岩床として産出するが,噴出したという記録がある。あるものは斑状で,石英,長石、角閃石またはオージャイトの斑晶を含んでいる。」としています。上述の流紋岩も、この松脂岩も、中新世の時代の海底火山の噴火に伴う火山岩です。青黒い岩石など、あまり見たことがありませんね。

松脂岩があった

  今回は、回り道をしたこともあり、歩き始めてから4時間50分の山歩きでした。これは、ボクのこれまでの山歩きの最高の時間でした。持病の足のくるぶしの痛みがなければ山頂まで行けたのですが、足が痛くなり天狗岩までで登頂は断念しました。でも、翌日まで痛みが残ることもなかったことは幸いでした。長時間歩くことができるようになってきたことを嬉しく思っています。楽しい登山でした。
   山登りで1つ気がついたことは、ゴツゴツとした岩山を登るのはとても大変だと痛感しました。急傾斜の岩場を登るのは、ひょっとしてバランスを崩すと転倒してしまいます。今回も何回かその危機がありましたが、スティックを持っていたために転倒せずに済みました。転倒したら大怪我です。岩場ですので。そのために足の踏み場を確かめるために、全神経を使います。浮き石など踏まないように用心するのですね。ですからとても疲れるのです。でも、そういうことは、それだけ脳神経を使うということです。ですから、脳の活性化にも良いのですね。そのことがよく分かりました。山登りは体の健康にとても良いことの意味が、少し分かってきたように思います。今後も続けたいです。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。