スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明けましておめでとうございます!今年も良い年でありますように!珍しい鳥たちに出会った!

      新年、明けましておめでとうございます。
 
2015年の幕開けですね。ところが、元旦から雪です。吹雪いています。この正月に孫が来る予定になっていましたが、残念なことに取りやめることにしました。新城に下る道が急な坂なので、交通事故を心配したからです。
 今年も、このブログを充実したものにしたいと張り切っています。今年もよろしくお願いいたします


   真冬になり、樹木の葉がほとんど落ちてしまい、野鳥が見えるようになりましたが、望遠レンズをつけたカメラを持って歩くと重いのと植物たちの花がほとんどなくなるので、最近は持たないで散歩をしていました。というわけで、小鳥たちをたくさん見るのですが、ほとんで写せませんでした。そこで、最近は重いですが望遠レンズのついたカメラを持ち歩いて撮影しています。
  下は、望遠ではなく普通の画角のカメラでシカを写しました。善福寺周辺を歩いた時、金網の中に入って山に逃れることが出来なかったシカが、フェンスの中を逃げ回っているところを写しました。これ以上大きく拡大できませんでした。橋の向こうに小さくシカが写っていることが分かりますね。


遠くにシカが

  その近くのビニールハウスの骨組みの上に、猛禽類と思しき鳥が止まっているのを見て写真を写しました。どうもトビとは違っているようです。図鑑で調べたところ、ミサゴではないかと思います。首の周りや腹が白いので、全身が茶色のトビとは違います。ボクは初めて撮影できた鳥です。嬉しくなりました。望遠レンズで写せば、もっと詳細に姿を捉えることができたのに、と思います。と書きましたが間違いでした。一読者のコメントを載せます。「ミサゴではなくノスリですね。猛禽類の中では丸っこくて大人しい、人をそこまで警戒しないかわいいやつです。 日本で繁殖する個体も少数ながらありますが、冬季は圧倒的にシベリアからのお客さんがおおいですね。」 ご教示を有難うございました。

ミサゴを初めて見た
ミサゴを初めて見た2

  下は、ミサゴが飛び立ったところを写したものです。羽の裏側が白いので、トビではないですね。格好が良い鳥です。

ミサゴが羽を開いた

  大晦日の日に近所を散歩したのですが、ホオジロが群れをなして木々の枝を飛び回っていました。頭にトサカのようなものがあるので、スズメではないですね。

ホオジロが枝に

  下の写真では、二羽のホオジロが止まっていてきれいでした。と書きましたが、読者から間違いを指摘されました。「ホオジロではなくカシラダカですね。 よく似てますが、よく見るとほおの白い部分がなく、冠羽をほぼ常時に立ててます。ミヤマホオジロは冠羽を立てるのが好きですが、ホオジロはあんまり立てないですね。」ということです。ご教示を感謝し、訂正いたします。

二羽のホオジロが

  庭のウメにいっぱいの花芽が付いていました。真冬で植物は冬眠状態になるのですが、そのなかでも春の開花の準備をしているのですね。命の営みはすごいです。まだ寒い3月になってから花を付けますね。

ウメの花芽が

  近所の庭のミツマタが、下の写真のように面白い形の実を垂らしていました。

ミツマタの実

  巴川の橋の上から、サギが二羽、川にいました。餌を漁っていたのでしょう。写真の姿からすると、アオサギとコサギではないかと思っていました。

アマサギとアオサギ

  白いサギは、よく見るとコサギではなく、アマサギのようです。コサギは嘴が黒いです。アマサギが見られるのはとても珍しいです。ぼくはほとんど見たことがないのです。

アマサギを見た

  今回は、鳥の特集のようになりました。



スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ミサゴではなくノスリですね。
猛禽類の中では丸っこくて大人しい、人をそこまで警戒しないかわいいやつです。
日本で繁殖する個体も少数ながらありますが、冬季は圧倒的にシベリアからのお客さんがおおいですね。

ホオジロではなくカシラダカですね。
よく似てますが、よく見るとほおの白い部分がなく、冠羽をほぼ常時に立ててます。
ミヤマホオジロは冠羽を立てるのが好きですが、ホオジロはあんまり立てないですね。

No title

書き忘れました!
一番下の写真はアマサギではなくダイサギかも??
アマサギは九州以北で夏鳥なので、冬季の愛知には・・・どうでしょう?

写真ではアオサギよりもいくらか小さくみえるので、私が間違ってるかもしれません
間違ってたらごめんなさい
非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。