スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一面雪景色が! 長命湿地南に道路敷設中! ツルウメモドキがきれい!

  12月18日、今朝です。起きてみたら、一面雪景色 昨日の気象情報でこの地方も雪になる予感はしていましたが、予感が的中しました。やはり、雪景色はきれいですね。下の写真はわが庭を写しましたが、およそ積雪10cmといったところでしょうか。名古屋では20cmも積もったと言います。日本中、雪にすっぽりと包まれてしまったようですね。豪雪の災害が心配ですが、大きな被害がないことを祈るばかりです。

雪景色1 

  下は、車庫の車を写しましたが、屋根の下ならば雪は積もらないはずですが、車の屋根までうっすらとですが雪をかぶっています。昨夜の雪は横なぐりの雪だったことが想像されます。朝起きたら、寒いこと!! 薪ストーブをカンカンにつけても、室内温度はなかなか10°を超えませんでした。今は、ようやく12℃くらい。日本中、寒波でブルブルですね。ホームレスの人たちに凍死者が出るのではないかと心配です。
  
車に雪が

  昼過ぎから天気になるとの予報なので待っていたのですが、雪はやまないので、散歩に出ることにしました。おそらく近所の人は、「何もこんな雪の中で散歩しなくても?」と思われたと思います。雪が降っているからといって出なかったら、いろいろの理由をつけて苦しいことはしなくなってしまいます。二三日散歩をサボっていたこともあって、完全な防寒対策の出で立ちで散歩に出ました。分厚いダウンジャケット、耳までかぶる帽子、毛の手袋、革製のブーツという服装です。
  寒かったのですが、防寒具に守られて平気でした。下は、あられが激しく降っている最中の散歩道の様子です。遠くがぼんやりと見えますね。道路は、除雪車が雪かきをしたらしく、道はそれほど雪が積もっていませんでした。

雪の中の散歩

  林道に入ると、杉の木に雪が降り積もり、クリスマス・ツリーのようにきれいでした。

クリスマスツリーみたいのスギ


   さて、しばらく長命湿地にご無沙汰していました。地主さんのHyさんからその湿地の管理を任されている湿原です。もう6~7年前になりますが、長ノ山湿原の比較的近くにある田んぼが放ったらかしになっていたのですが、そこに湿原植物が豊富に生息する場所になっており、地主さんから「今後使う予定はないので、どう使ってもいいですよ!」と管理を任されて、湿原の整備を行ってきました。毎年、湿原の生き物を見るのに最適なので、苦労して木道を作り、イバラやヨシを刈るなどの手入れをしてきました。最近はその作業が大変なので、手を抜いていたのです。地主さんは、そのすぐ南の畑を田んぼにする計画で、長命湿地との境にきちんとした道路を作りたい、ということで、工事が始められたのです。その光景が下の写真です。
  地主のHyさんがすごいと思うのは、彼一人で大型の重機を駆使して、どんどん畑を作り、道路を作っていくのです。側溝のU字溝などは他の業者が置き場に困っているものをもらい、それを使います。全部ひとりでやってしまうのですから、すごいのです。長命湿地の方も放ったらかしになっていますので、この際きちんと草刈をしたりして、環境整備をしなければと思っています。


長命湿地南の道路改修

道路改修で

  そのついでに長ノ山湿原のそばを通りましたら、なにやら赤い実がたくさん付いた木がありました。下の写真のように広い範囲に広がっています。はじめはなんだか分からなかったのですが、ツルウメモドキであることが分かりました。こんなに広く広がっているツルウメモドキを見るのは初めてです。

ツルウメモドキがいっぱい

  下の写真のように、ものすごい数の実ですね。オレンジ色の外皮が弾けて、中から真っ赤な種が見えています。その色合いが美しいのですね。偶然出会ったこの農家のおばさんは、「もう少し早く来れば、もっときれいだったのに、残念ですね」と言っておられました。色がもっと鮮やかなのだそうです。

ツルウメモドキの実が

ツルウメモドキをアップ










スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。