スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足助の東海自然歩道を歩きました!オヤマボクチ、マメヅタランが!万昌院は!

    11月19日(水)に、足助の東海自然歩道を歩きました。香嵐渓は紅葉の最盛期で車が混むので、東の方に山に登り、その歩道を歩きました。結構起伏が大きく、歩くのがかなり疲れました。
   下は、山道から遠くまで見通せる景色の良いところで写した風景です。遠くの方に見える台形の山は、もしかしたら恵那山かもしれません。


足助の山の風景

  道端に珍しい植物を目にしました。下の二枚の写真は、以前に見たことのあるオヤマボクチではないかと思います。頭花がトゲトゲがあってクリのような感じです。ハバヤマボクチによく似ています。図鑑で調べたら、たしかにオヤマボクチです。

オヤマボクチがあった

オヤマボクチの実を」

  東海自然歩道は景勝地を結んで通した遊歩道と言いますが、歩いた道には各地にモニュメントがたっており、また各地に道標が立っていました。下は、右に下っていくと万昌院の方面に行く道標です。そこを下っていきました。

万昌院の道標

  しばらく歩いていくと、下の写真のような大きな花崗岩の岩にマメヅタランがびっしりと張り付いていました。これは常緑でツル性のラン科の植物で、大きな樹木や岩肌を覆うように這っていきます。1cm位の丸い葉がいっぱいついて、それが岩の表面にへばりついているのです。

岩にマメズタランがびっしり

  葉をアップしたのが下の写真です。中に茶色っぽい穂のようなものが出ています。何でしょうか?

マメズラランの穂?

  万昌院の建物の佇まいです。周囲の植物が色づいてきれいでした。

万昌院のたたずまい

  寺院だからなのでしょうか、沿道にシャガがたくさん生えていたのです。花は春に咲きますが、下の写真のように葉だけです。花が咲く季節に来たらさぞかし美しい風景でしょうね。

シャガの葉がいっぱい

  竹林は繁茂していたのですが、全く手入れがなされておらず、下の写真のように荒廃した状態でした。放置された竹林は醜いですね。

荒廃した竹林が

  下は、ガンクビソウです。大きく広く枝を張っていて、たくさんの花が付いていました。

ガンクビソウが繁茂して






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。