スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植物の実を見るのは楽しい!サルトリイバラ、クロガネモチ、ヘクソカズラ、アカネ、スイカズラ、ツルウメモドキなどが!

   18日の火曜日は、作手の手作り村から相寺周辺を一周する散歩をしました。
  今年は、植物の実がたくさん生っているところはあまり見られなかったのですが、ようやくたくさんの植物に生る様々な実を楽しみました。今年は実の「生り年」ではないのでしょうか、例年見られる実が少ないのです。年による豊凶の差は当然あるのですが、今年が異常に少ない原因は、やはり異常気象なのでしょうね。
  下は、サルトリイバラの赤い実を写しました。光沢のある赤い実がきれいです。


サルトリイバラの赤い実が

  クロガネモチの木の枝いっぱいに、赤い実がなっていました。ものすごい数の実ですね。

クロガネモチの実がいっぱい

  秋が深まってきて、山の樹木の紅葉がきれいです。近寄れませんでしたので確かめられませんでしたが、下の写真の紅葉した樹木は、ヌルデではないかと思います。枝ぶりの形と、紅葉した葉の色がオレンジがかっていることから判断しました。

ヌルでの紅葉では?

  獣害よけの鉄柵にヘクソカズラの実がいっぱい生っていました。春に小さなきれいな花を付けますが、実はオレンジ色をしているのですね。

ヘクソカズラの実は

  下は、アカネというツル植物の黒い実です。光沢のある黒い実は美しいですね。アカネと言えば、茜色の植物で、染色に使う植物として知られていますね。染色マニアには垂涎の的です。根を掘り取って茜色の染色の材料にするのだそうです。わが庭にも生えており、植物に詳しい方から大事にするといいですよ、と言われているのですが、あまりに繁茂するので、雑草のようにどんどん刈り取っています。そうぜざるを得ないのです。

アカネの黒い実が

  下の写真の植物は、種名が分かりません。白い穂のようなものがいっぱいついています。おそらく風媒花なのでしょう。茶色の部分が種なのでしょうね。どなたか教えていただければありがたいです。と書きましたが、読者からセンニンソウと教えていただきました。ご教示ありがとうございます。花はよく知っているのですが、こんなふうに穂を作って種を飛ばすとは知りませんでした。穂の真ん中の茶色の部分が種です。

この綿のようなものは?

  水路際にツリフネソウの花が咲いていました。少し前にもツリフネソウの花を紹介しましたが、夏に咲く花とばかり思っていたのに、こんな晩秋の季節にまで花を咲かせるなんて驚きです。

こんな季節にツリフネソウが

  下は、スイカズラというツル性の木本だと思います。黒い光沢のある実がきれいです。

スイカズラでは?

  下は、キク科の花ですが、キク科の花は無数と言っても良いほど種類がありますので、ボクには同定がとても難しいのです。下は、おそらくホソバノコンギクではないかと思うのですが、確かではありません。白い花がきれいですね。

ホソバノコンギクだと思う

  道端の大きな樹木にツルウメモドキが這い上がっていました。ツル性の木本で、写真のように、ものすごいたくさんの実がついて、目を見張るような美しさでした。ボクの大好きな木の実です。美しいので、マーケットでも売られていますね。

ツルウメモドキの実がいっぱい

  下の写真のように、黄色い外皮が割れて、その中から真っ赤な種が出てくるのです。黄色と赤の色のコンビネーションが見事な美しさを作り出しているのですね。

ツルウメモドキの実がきれい

  以上のように、今年は植物の実にあまり出会わなかったのですが、今日ようやく植物の美しい実に出会ってとても嬉しかったです。




スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは、いつも楽しく読ませて頂いています。
ツリフネ草の上の写真の植物は、仙人草だともいます。私も前に調べてたどり着きました。下記が参考になるともいます。
http://48986288.at.webry.info/200809/article_2.html

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。