スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョウセンアサガオの球果が!メハジキの花が残っていた!テングチョウがきれい!

   昨日は、作手の巴山-古戦場コースを散歩しました。寒風が吹きすさび、寒い思いをしながら歩きました。少々薄着だったかもしれません。尾根筋の道ですので、とくに風が強かったようです。
  驚いたことは、チョウセンアサガオが群生していて、それにたくさんの球果が付いていたことです。下の写真のように、ものすごい数です。球果は、下の写真のようにイガイガの丸い球果です。クリの実を緑色にしたようにも見えます。面白い形ですね。


チョウセンアサガオの球果1

チョウセンアサガオの球果2

  ナギナタコウジュの群落に出会いました。どこにでも生える雑草ですが、今年はあまり見ていないのです。これも、成り年というのはあるのでしょうか。

ナギナタコウジュの花があった

  また、驚いたことに、とうの昔に終わっているはずのメハジキの花がまだ残っていたのです。こういう異変もあるのですね。きれいな花に出会えてうれしかったです。

メハジキの花が残って

  この沿道ばかりでなく、今、各地に繁茂しているのが、下の写真のチカラシバです。陽の光りをうけて輝いていました。きれいです。もうじき、穂が風に吹かれて飛び散るのですね。

チカラシバが輝いて

  アセビにピンク色の花芽が付いていました。その色合いが美しいので写しました。

アセビに花芽が

  今回、テングチョウに出会ったことに感激でした。シジミチョウよりは大きいですが、比較的小ぶりのチョウで、めったに出会えない珍しいチョウですので感激したのです。 

テングチョウがきれい

  前にも報告しましたが、去年たくさんの収穫をしたヤマナシが、今年はほとんど実をつけていないのです。今年は、「生り年」ではないのですね。残念!




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。