スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰り際に見た滝がきれい!ルリタテハを見ました!山歩きは楽しかった!

   棚山高原の瀬戸岩の断崖絶壁の風景をご紹介しましたが、その岩の上に下の写真のルリタテハが止まっていました。きれいなチョウですね。羽の縁に沿って瑠璃色の帯が、黒地に映えてきれいなのですね。

瀬戸岩でみたルリタテハ

  ここにもツルリンドウが真っ赤な実をつけて生えていました。

ツルリンドウが美しい

  宇連山に尾根道を通って登ろうと歩き回ったのですが、鳳来寺山に行く道になってしまい、宇連山には上ることができませんでしたので、結局、元の道に戻りました。急な瓦礫の坂道を下りました。ところが、登るときには気がつかなかったのですが、帰り道では近くに滝が落ちているところがあることに気づきました。雑木林を分け行って写したのが下の写真です。わずか数mの落差の滝ですが、きれいでした。登るときに気づかなかったのは、急な瓦礫の道だったので、歩くことに集中していたために気づかなかったのだろうと思います。

帰り際に見た滝

  疲れて一休みしたところに、ミヤマシキミの真っ赤な実がなっていました。きれいでした。常緑の低木ですので、暗い森の中でも生えているのですね。

ミヤマシキミの赤い実が


  歩いた時間は、昼食や休憩を除いて、合計3時間ほどでした。10日に1回くらいのペースで山に登っていることになりますが、山歩きは平地を歩くのとは違って、はるかに足腰を鍛えることになり、健康に良いのですね。そのことを実感しています。次の目標はどこの山にしようか、たくさんあって迷っています。その迷いも、あれこれと考えるので楽しいのですよ!








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。