スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面ノ木園地の天狗棚に登りました!まぶしいくらいの紅葉・黄葉でした!富士山が見えました!

  今日は、面ノ木園地のビジターセンターから歩いて天狗棚に登りました。晩秋に入り、紅葉がきれいだろうと思って山登りに挑戦したわけです。歩き始めてすぐに、下の写真のような鮮やかな紅葉の景色が飛び込んできました。やはり、感激ですね。

面ノ木の紅葉が

  下は、ドウダンツツジの紅葉です。毒々しいほどの色鮮やかな深紅の紅葉ですね。背景に見える尖った山は、前に登ったことがある岩小屋山だと思います。

ドウダンツツジの黄葉と

   ここは、面ノ木原生林とも言われる雑木林の山。秋の風景は実に美しいのですね。下の写真のように、紅葉と黄葉が入り混じってきれいです。

雑木林の黄葉が

  景色が良い展望台があり、そこから見た津具村の景色は素晴らしいのです。通ってきた道がよく見えます。

津具村を見下ろす

  車を止めてきた面ノ木園地ビジターセンターが見下ろせます。そこが標高約1000m。展望台は1200mくらいだと思います。

展望台からビジターセンターを

  下は、前に登ったことがある萩太郎山です。愛知県の最高峰の茶臼山の隣にある山で、シバザクラの季節にはとても賑わう観光地です。茶臼山は、ここからも見えるのですが、手前に樹木が遮っていてよく見えませんでした。

萩太郎山を望む

  ラッキーなことに、富士山が見えました。だいぶ前に登った時にも見たことがありますが、めったに見られないといいます。雨が降り続いたあとで、寒気が南下してきて風が強く、空気が乾燥していたために見えたのでしょう。ラッキーだったのですね。でも、寒風が吹きすさび、とても寒かったです。薄着で出かけてしまい、寒い思いをしました。

富士山が見えた!

   降りてくる道で、ブナの巨木に出会いました。写真では太さは分からないでしょうが、目測で根元の太さは直径2mくらいですから、その大きさが見当をつけられると思います。見事な枝ぶりですが、葉はほとんど落ちていました。紅葉がきれいなのですが、ちょっと遅かったのでしょう。でも、周囲の樹木の紅葉、黄葉がきれいですね。

ブナの巨木と紅葉

  山道は、落ち葉がいっぱいで、色とりどりの落ち葉がきれいで、それを見ているだけで楽しいのです。下の写真の真ん中にある葉が何というのか分かりません。きれいな葉ですね。この写真の右上や左にある茶色の葉は、ブナ落ち葉です。

この落ち葉は?

  下は、ハウチワカエデ落ち葉です。大きなうちわのような葉で、天狗様が持っているうちわですね。裏側は白っぽいのですが、表は黒い色になっているのです。小さなモミジのような葉は、ハウチワカエデだろうと思います。ハウチワカエデを小さくしたようなのでその名がついたのでしょう。

ハウチワカエデの大きな落ち葉

  下の写真の真ん中のオレンジ色の葉は、コミネカエデではないかと思いますが、確かではありません。この面ノ木原生林は、ボクが見る限りたくさんのカエデ類が生えている面白い場所です。

イタヤカエデか?

  下は、黄色く染まったシロモジの落ち葉です。葉の形が似ているダンコウバイは、もっと色鮮やかな黄色なのですね。

シロモジの黄葉した落ち葉

  下の写真の、ピンク色をした葉の落葉低木が目に付いたのですが、ボクは見たことがなく、種は分かりません。色が独特の紅葉で、美しいですね。若い枝は鮮やかな緑色をしていますが、根元の方は灰色なのです。どなたか教えてください。

この葉がきれい?

  往復2時間の楽しい山歩きでしたが、寒かったです。これからは、冬の服装で山歩きをしないといけませんね。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。