スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒョウモンチョウは美しい!初めてイワダレソウを!ワレモコウに出会った!ツルニンジンがいっぱい!

     昆虫マニアの人と話をしていたら、「ヒョウモンチョウは羽の表の模様だけでは種の同定はできないのですよ、裏の模様を見ないと難しいのです」と聞きました。ということで、下の写真のチョウはきれいなのですが、最近はヒョウモンチョウの種の同定を諦めています。

ヒョウモンチョウがきれいだ

  下の写真の植物は名前が分からなかったのですが、図鑑を調べているうちに、偶然ですが、イワダレソウと分かりました。同定できて、嬉しかったです。クマツヅラ科のイワダレソウ属の草本です。日当たりの良い海岸に生える多年草とあるのですが、ここは山の中。どうしてなのでしょうか。円柱状の穂状の花序を出し、小さな花が咲いています。地表を這うように広がっていました。

イワダレソウを初めて見た

  各地で探していたのですが、ようやくワレモコウに出会いました。赤い花が美しいのですね。ボクの大好きな花です。古老に聞くと、昔は至るところに生えていたと言います。どうして少なくなってしまったのでしょうか。

ワレモコウの花がきれい

  シカやイノシシ避けのフェンスに、ツルニンジンの花がいっぱい吊り下がっていました。こんなにたくさんの花が咲いているところを知りません。ツル性の草本ですので、獣避けの金網が掴まりやすくてたくさんの花を咲かせたのではないかと考えています。

ツルニンジンがいっぱい

  ひとつの花をアップしたのが、下の写真です。花弁の内部まで見えます。下向きに咲く花ですので、花弁の内部は見えないことが多いのです。きれいですね。

ツルニンジンの花をアップ

  前回、シュウブンソウをお見せしましたが、花をアップで写せなかったので、今回はアップで花を写しました。可愛い花なのですね。

シュウブンソウをアップ

  下の写真の茶色っぽい植物は、アザミ類の花が枯れた様子ではないかと思いました。枯れているので種を同定するのは難しいのですが、ハバヤマボクチまたはオヤマボクチではないかと思います。枯れた穂はよく燃えるので、火口(焚付)に使ったといいます。外見からも、よく燃えそうですね。

ハバヤマボクチか?

ハバヤマボクチか?2

  アキノキリンソウが黄色い花を付けていました。これから各地に咲きますね。キク科アキノキリンソウ属の草本です。別名アワダチソウと言います。セイタカアワダチソウもこの仲間です。いま、至るところに咲き始めています。

アキノキリンソウがきれい

  下は、ヤマハッカです。淡紫色の花がきれいですね。花の色も葉もアキチョウジとよく似ていますが、アキチョウジの花は長いので区別できます。群生していることが多く、ここでもいっぱい咲いていました。

ヤマハッカの花がきれい




 






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。