スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オオブタクサが大きな穂を!ここにもカラスウリの花が!シオンの花がきれい!

    前回の続きです。
  下は、アメリカセンダングサです。至るところに生えている雑草です。キク科センダングサ属の草本です。奇数羽状複葉(5枚セット)の葉で、小葉の鋸歯が明瞭。茎の先端に黄色い花が咲きます。秋が深まると黒くて細長い針のような実がついて、衣服にくっついて、いわゆる引っ付き虫です。名前のとおりアメリカ原産で、昭和の初期には珍しかったようですが、今では北海道を除く全国に広まっているそうです。

アメリカセンダングサに花が

  下は、オオブタクサです。ボクはこれまでにも見たことはあるのですが、同定できませんでした。高さ3mを超えるかと思われる大きな草で、花穂が大きく枝分かれしている姿は雄大ですね。キク科ブタクサ属の草本です。北アメリカ原産の1年草、1952年に静岡県の清水港で見つかり、現在では各地の河川敷などに広がっているとのこと。茎の下のほうに生える葉は掌状に三裂します。

オオブタクサの大きい穂

  下は、その花穂をアップしました。試験管のブラシのような姿をしており、小さな粒がつぼみです。

オオブタクサの穂が   

  田んぼのあぜに咲いていたヒガンバナがきれいでした。ヒガンバナは毒性があり、ミミズなどの土壌生物を寄せ付けない性質があって、ミミズを食べるモグラがやってこないので、田んぼのあぜに穴を開けられることを防ぐためにあぜに植えられたとも聞いています。お墓に植えられるのも、同じ理由で、昔土葬されていたので、遺体を獣の害から守るためとも言われます。その説明には、なるほどと思います。

あぜの彼岸花

  先回、カラスウリの開いた花を見たことをお話しましたが、ここにもその花を見ました。でも、日が上がった帰り道では花は閉じてしまったいました。なるほど、日が出ると花がしぼむのですね。ネットを調べていたら、夜に花が開くのは、夜に活動する蛾を寄せるためだという説明がありました。これもなるほどと了解しました。

ここにもカラスウリの花


  沿道に市民農園があるのですが、そこにオクラが植えられており、実も生っていました。オクラは美味しいのでしばしば食卓に上ります。花も咲いていました。花はあまり見たことがありませんでしたので写しました。

農園にオクラが

  色とりどりのコスモスの花がきれいでした。この風景を見ると秋だなあ、という感慨を持ちますね。

コスモスがきれいです

  放置された農園の一角に、下のようなカナムグラが繁茂していました。クワ科の草本で、ツル植物です。葉が大きくて掌状に5~7裂し、鋸歯が明瞭が特徴的です。花がいっぱい付いていました。

カナムグラがいっぱい

  下の写真の黄色い花をつけた植物は、名前が分かりません。カワラサイコではないかと思ったのですが、葉の形が全く違います。さがしても見つかりません。どなたか教えてください。

カワラサイコか?

  下は、アキノノゲシです。いっぱい花芽を付けていますね。今の季節、どこにでも道端に咲いている雑草ですが、花が咲くときれいなのですね。わが家の玄関横に生えていて、毎日見ています。

アキノノゲシが大きく

  下は、ノコンギクです。いっぱい淡紫色の花をつけていてきれいです。どこにでも生えているのですが、秋の季節感がある草本ですね。このように書きましたが、最近友人に、これはシオンではないかと言われました。確かめたところそうでした。訂正します。ノコンギクは背が高くなりません。

ノコンギクがきれい






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。