スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュズダマ、アメリカセンダングサの頭花、ユウガギク、キクイモ、センダンの実などを見た!

    アレチヌスビトハギが今、どこにも咲いています。ピンクの小さな花がきれいですね。それに実が付き始めました。下の写真は、その実がついてところを写しました。ピントが悪くて済みません。別の写真に替えたいと思いますが、今は間に合いません。3ないし4つの実が連なっているのですね。ひっつき虫で、つい最近も山を歩いて帰ってきたらズボンにいっぱいアレチヌスビトハギの実がついていました。

アレチヌスビトハギの引っ付き虫

  ボクらの大部分は、ジュズダマなんてあまり見たことがないですよね。それが生えていました。下の写真です。ちょっとピントが甘くて申し訳ありません。ジュズダマと言えば、念仏を挙げるときに使う数珠ですが、それはこのジュズダマの実を使って作るのですね。硬い玉がその実になるのですね。

ジュズダマに実が

  下は、アメリカセンダングサの頭花の一部分です。黄色い花が咲きそうですが、葉とともにきれいですね。葉の形が独特ですね。

アメリカセンダングサの頭花

  ユウガギクがきれいでした。白い菊ようのはなが美しいです。

ユウガギク群生し

  下は、キクイモの花です。山の斜面に花を咲かせていたのですが、おそらく誰かが植えたものかも知れません。わが庭にも生やしているのですが、花はまだほんの少ししか咲いていません。下界は暖かいのですね。黄色い花はとてもきれいですね。

キクイモの黄色い花が

  下は、ミスジチョウです。これはチョウですが、他の昆虫も美しいのですね。これは、何度見ても美しいと思いますね。

ミスジチョウがきれい

  下は、ヒメウラナミジャノメです。ジャノメチョウの仲間で小さいチョウでうが、ジャノメが大きくて、裏側の模様が波打っていてて、それがウラナミの名前になったのだろうと想像していますl。小さいですが、美しいチョウです。

ヒメウラナミジャノメがきれい

    チョウが出てきたついでに、下のチョウも上げておきます。ヒカゲチョウだろうと思います。ジャノメチョウの仲間なのですが、大きなジャノメではなく、後ろ羽の一部に小さいジャノメがあるだけです。ジャノメチョウの仲間にしてはジャノメが小さいですね。 

ヒカゲチョウがきれい
 
  下は、センダンの木です。写真を見だけでは分からないでしょうが、葉は2~3回羽状複葉で、明らかにセンダンです。写真ではほとんどわかりにくいですが、かすかに実が付いています。実が付き始めたのですね。


センダンに実が少し

  下の写真は、タラノキの花です。タラノキは、新芽を採って天ぷらにして食べると美味しい、というあのタラの芽の木です。この季節に大きな花を付けます。驚く程大きいのです。複散房花序というのでしょうか、散房花序が複数合わさって大きの花序を作り、それに淡黄色の花が付くのですね。今がとてもきれいです。

タラノキの大きな花は

  下の写真は、イヌザンショウの花だと思います。前にも紹介したように、イヌザンショウはすでに実をつけていました。ここのイヌザンショウは花が咲いているのです。個体差なのでしょうか。きれいですね。

イヌザンショウの花か






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。