スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メギの実がいっぱい、エゴノネコアシがいっぱい!トチノキの実が!初めてミカワシオガマを!

   面の木園地の続きです。
  先回、メギの木を紹介しましたが、すぐ近くに紅葉していないメギの木がありました。それに見事に実が大量についていたのです。驚くほどの数です。下の写真のように、それがきれいなのですね。


緑のメギ

メギのみ実がいっぱい

  先回、ヤマトリカブトの花を紹介しましたが、それみ実が生っていました。ヤマトリカブトの実も、花よりも小さいですが、花と似たような姿をしていますね。 

ヤマトリカブトの実が

  驚いたことに、エゴノキの低木があったのですが、その全ての枝にエゴノネコアシが寄生していたのです。下の写真のように、驚くべき数です。その中に、アブラムシの幼虫が入っているのだそうです。猫の足のような形なのでネコアシと言うのですね。いわゆる虫えいです。

エゴノネコアシがいっぱい

エゴノネコアシをアップ

  下は、トチノキの実です。湿地から外れて二本のトチノキが高木となっています。それにピンポン玉ほどの大きさですが、茶色の実が素敵ですね。この実は、食べられるので、いろいろのお菓子に使われます。例えば、トチノミセンベイとか、いろいろありますね。葉も一部分紅葉していました。

トチノキに実が

  すぐ近くに、ツリガネニンジンが咲いていました。かなり色が濃い淡紫色の花です。きれいですね。

淡紫色のツリガネニンジン

  これまた、驚くべき花を発見しました。下の写真の、ミカワシオガマです。これまでに見たことがない草本です。葉が重鋸歯であり、花は舌状化です。三河地方で発見されたのでその名が入っているのですね。美しい花です。出会えて嬉しいです。

ミカワシオガマではないか

  道端に、ホコリタケというキノコに出会いました。本体を叩くと、上の穴から煙(ホコリ)が出るのです。それをホコリに見立てて、この名が付いたと言われます。面白いですね。

ホコリタケの丸い姿

  下の写真のキノコも変わっていますね。グレイの傘が鋭く裂けるのです。特徴があるので同定出来るかもしれませんが、キノコは同定が難しいのでトライして見ようとしようとも思いませんでした。

変わったキノコが

  下は、ジャノメチョウでしょう。最もシンプルなジャノメチョウですね。ようやく撮影できたチョウです。ジャノメ模様がきれいですね。。

黒っぽいジャノメチョウ






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。