スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メハジキの花がきれい!カナムグラが珍しい!メドハギに花が!

  9月1日は、巴山ー古戦場コースを歩きました。メハジキの花を見たかったからです。予想通り、メハジキの花がたくさん咲いていました(下の写真)。シソ科のメハジキ属の草本です。もう花の盛りを過ぎた状態でした。間に合ってよかったです。最初にこの散歩コースでこの花に出会った時の感動を忘れることができません。対生の葉の根元にピンクの花が付き、それが段々のようになっているのです。

メハジキの花がきれい

メハジキの花をアップ

  それが野原一面に群生している光景は驚きです。下の写真に見える全ての植物がメハジキなのです。そして、この種は、作手の別の場所では見たことがないのです。それほど珍しい種なのですね。旧下山村で一箇所見ただけです。こんなに群生するほどここには生えているのに、他の場所には広がっていかないのは不思議です。その理由を知りたく思いますが、・・・・。

メハジキの群生が

   翌日の2日は、浦山林道を歩きました。沿道にツリフネソウがピンクの花をつけ始めていました。下の写真のとおりです。葉の形とともに美しい植物ですね。。

ツリフネソウの花は

  ヌルデの木に淡い赤い色の花が咲き始めました。黄色または白の花と思っていましたが、違ったようです。でも、図鑑では淡黄色です。これから色が変わるのでしょうか。

ヌルデの花が赤い

  下は、フジバカマです。写真の下の方の葉を注目してください。葉が3裂していることが分かると思います。それがヒヨドリバナと異なる点です。草むらの中から茎が出ますので、他の草に阻まれて下の方の葉がなかなか見えないのですね。

フジバカマが生えていた

  ここにもナガバヤブマオが生えていました。長い花穂がたくさん付いていました。なかなか見られる種ではなかったので、ここにも生えていることが発見できて嬉しかったです。

ナガバヤブマオが生えていた

  下の写真の植物の葉が独特の形でしたので写しましたが、名前が思い出さないでいたのですが、図鑑をめくっているうちの思い出しました。カナムグラです。ツル性の1年草です。

カナムグラの独特の葉

  下は、今いたるところで出会う雑草ですが、ようやく花が付き始めました。メドハギというマメ科ハギ属の草本で、日当たりの良い草地や道端に生えています。葉は3マイセット(3出複葉)で、茎に密に付きます。花は葉の根元に付きます。花弁は白または黄白色で、その真ん中が席試食となっています。他のハギ類とは花の感じが違います。でも、きれいなのですね。道路の切割り斜面などに群生しているのを各地で見ています。

メドハギの花

メドハギをアップした





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。