スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アオスジアゲハがきれい!マツカゼソウに花!イヌザンショウの実がきれい!ガガイモの花が!

     先回は本宮山スカイラインを歩きましたが、その続きです。
  下の写真は、リョウブの花にアオスジアゲハとヒョウモンチョウの仲間が蜜を吸いに来て止まっていたので写しました。遠くの大きな木にとまっていたためこれ以上近寄れなかったので、小さくしか写っていないで分かりにくいですね。黒地に水色の筋がついたきれいなチョウがアオスジアゲハです。その美しさには感動させられます。黄色いヒョウモンのあるチョウは、よく見えませんが、感じからするとツマグロヒョウモンのオスではないかと思います。


アオスジアゲハがきれい

  ここにもナガバヤブマオが群生して生えていました。花が付き始めたようです。こんな花が付くのですね。あまり見かけない種で、作手では4箇所くらいでしか確認していません。

ナガバヤブマオの花が

  下は、マンリョウです。花が咲き始めたようです。写真では、下の方に見えています。

マンリョウに花が

  マツカゼソウはこれまでに何度かご紹介していますが、花が咲いているところは紹介していませんでした。真っ白の小さな花なのですね(下の写真)。

マツカゼソウに白い花が

  カナクギノキに小さな実が付いていました。この樹木の実は始めてみました。秋にはどんな実に熟すのでしょうか。

カナクギノキに小さい実が

  下がカナクギノキの木肌です。クロモジと非常によく似ているのですが、クロモジは木肌が緑で、これとはまったく違います。

カナクギノキの木肌は

  道端に生えていたイヌザンショウに緑色の実がいっぱい付きました。秋には、真っ黒く熟しますが、それを見たいです。

イヌザンショウの実がきれい

  下はムラサキシキブなのですが、ものすごい数の実が付いています。こんなにたくさん実が付いている木は少ないですね。これがみんな赤紫色の実になったら、どんなに素敵な景色になることでしょうね。

実がいっぱいのムラサキシキブ

  さて、前にガガイモを紹介しましたが、こんかいはガガイモの花が咲いていたので写しました。葉は下の写真のようにハート型ですが、花は毛がいっぱい生えていて、ピンク色の5枚の花弁が毛に包まれているみたいです。ガガイモとあるように、秋には長さ10cmくらいで直径3cmくらいの細長い楕円形で先がとがった芋のような袋果ができることから名づけられたそうです。でもボクは見たことがありません。食べれるのでしょうか。ウィキペディアによると、袋果は秋には割れて、中から白い種の付いた穂が風に飛ばされるといいます。風媒花ですね。

ガガイモがたくさん

ガガイモの花は






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。