スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巴山コースで、ズミではなくヤマナシだった!ここにもメハジキが!ガガイモは珍しい! 

  今日は、すごい台風が来襲ということで、岡崎の集会を中止にして早々に作手に帰ってきました。岡崎では大雨ではなく風が強いだけでしたが、作手に来たらすごい大雨で、今激しく雨が降っています。皆さんのところに被害が広がらないように、祈るばかりです。

  さて、8月6日の水曜日は、巴山‐古戦場コースを歩きました。下山の方でメハジキを見たので、群生していたこのコースでも咲いているかもしれないと思い、見に行ったのです。
  去年まではトイレのあるところにズミの花が咲いていたと思っていた木が、ヤマナシの間違いだったことが分かりました。下の写真のように、ズミの実にしては大きい(直径3~4cm)ですし、もう茶色っぽい色になっています。春に咲いていたズミの花とヤマナシの花はとてもよく似ていて、ここに咲いていたのはズミだとばかり思っていたのです。やはり、いろいろの季節の様態を知らないと思わぬ間違いをするのですね。写真のように、茶色くなったたくさんの実がなっていました。秋に熟すのを待って、実を採りたいと思っています。梨のように美味しいのですよ。


巴山コースでヤマナシが

ヤマナシの実がいっぱい

  今、各地にリョウブの花が咲いていてきれいなことを何度か話していますが、ここも例外ではありません。花をアップして写したことがなかったので、アップして写した写真をお見せします。玉になっているのはつぼみで、花は白い5枚の花弁の可愛い花が咲いているのがわかりますね。道を歩いていると、道にこの花びらが落ちて白くなっているのです。ですから、道に散らばっている花弁を見ては上を見上げるとこの花が咲いているのですね。

リョウブの花をアップ

  桜が植えられた広場からさらに歩いたところにズミの木があります。そこに、ズミの実が付いていました。前に来た時よりはかなり大きくなっていますが、実の数は例年に比べて少ないようです。この実は食べられるのでしょうか。図鑑には何も書いてありません。

ズミに実が少ない

  お目当てのメハジキは群生していました。しかし、花が咲いているのはわずかでした。下山と違ってここは標高が高いので、開花が遅れているのでしょう。下が比較的に花が多くついているところを写したものです。段々にくきについて咲くピンクの花がきれいですね。群生しているメハジキが満開になる頃は、もっときれいなのです。もう少し経つと満開の時期になりますので、楽しみにしています。

メハジキがいっぱい咲いた

メハジキの花がきれい

  あるところでは、群生しているメハジキが見事に咲いているところを見かけて写したのが下の写真です。

メハジキ群生し

  翌日の7日は、高松近くの林道赤羽根・鴨ケ谷線を歩きました。急崖の下に、下の写真のようにサンショウが実をつけていました。

サンショウに実がついて

  この林道では、下の写真のケヤマハンノキが至るところに生えていました。こんなに群生しているところは見たことがありません。葉が大きくて、大きな鋸歯があるのが特徴で、すぐに分かります。

ケヤマハンノキの葉が

  緑色の実がたくさん付いています。若い枝の木肌が見えていますが。皮目が無数についていることは知りませんでした。

ケヤマハンノキの実と木肌

  ガガイモの葉と花のつぼみを見ました。ツル性の草本で、花は8月に咲くというので、もうじきですね。ピンク色の花が咲きます。ハート型の葉に特徴がありますね。どこにでも見られる種ではないです。

ガガイモの葉とつぼみ




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。