スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メハジキを発見!初めてオニグルミの実を!マタタビにマタタビバチの虫えいが!

  岡崎からの帰り道、県道から保久町に曲がる入口付近で、メハジキの花を見ました。この種は、ボクは作手で巴山古戦場コースでしか見たことがありません。このコースでは至るところに群生しているのですが、他の地域では全く見られないことが不思議だと思っていました。そんな珍しい種が発見されて驚いています。ピンクの花が、葉の付け根に何段も咲くのです。細長い葉と花の姿が美しく、ボクの大好きな植物です。

メハジキを発見

  その近くにゴンズイが赤い実をつけていました。この種は、岡崎の自然体験の森で初めて出会ったのですが、その時も見事な赤い実が美しくて感激したことを思い出します。それまで全く知らなかったので、希少種ではないかと思っていたのですが、見慣れてくると各地に生息することを知るようになりました。

ゴンズイに赤い実がついて

   8月5日の火曜日は、作手の家の近くの浦山林道を歩きました。
  下は、オニグルミです。これまでサワグルミは何度も見ているのですが、オニグルミは初めて見ました。この種は、サワグルミと同じように奇数羽状複葉の葉をもちますが、小葉がそれよりも幅広い葉なので区別できます。実が付いています。その中に、ボクらがよく知っている硬いクルミの実が入っているのですね。


オニグルミに実がついた

オニグルミの実は

  ヌルデが花序を出し始めました。ヌルデは、この地方では個体数が多い樹種ですので、その大きな白い花が咲くととても目立ちます。花序の段階でもきれいですね。

ヌルデの花序が出始めた

  ツクバネウツギの葉と実を見ました。これは、下の写真のように、ラッパ状の白い花の下に5枚の羽のようなものが見えます。花は終わっていてありませんが、その5枚の羽のようなものが羽子板で突く羽のようなので、ツクバネというのだそうです。これは花ではなく実なのだそうです。葉の形だけでは区別することは難しいですが、この姿を見れば容易に同定できるのですね。

ツクベネウツギの花は終わった

  ツル植物のマタタビの枝下に異様なものが付いていました。図鑑で調べたところ、マタタビバチというハチの一種が寄生している虫えいということが分かりました。ボクは初めて見ました。エゴノネコアシといい、ヌルデノフシムシといい、異様な姿ですね。

マタタビハチの虫えい

  ノギランの花がきれいでした。ラン科の草本ですね。今、各地に花を咲かせています。

ノギランの花がきれい

  下は、ヤマハッカではないかと思います。これもクルマバナのように、何段にもわたって茎にピンクの花を付けるのですね。小さなピンク色の可憐な花に心が和みます。

ヤマハッカの花が

  下は、最近になって咲き始めたアキノタムラソウです。アキノと名付けられていますが、図鑑によれば、下記は7~9月となっていて、花期が長いのですね。真夏の今から咲きますので、ナツノと名前を変えたほうが良いのではないかとも思います。淡い紫色の花がきれいですね。

アキノタムラソウの花が美しい






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。