スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面ノ木園地の湿地を歩き、シロバナイナモリソウを発見!ミズチドリは終わっていた!カキランが美しい!

   このところしばらく面の木園地に行っていませんでした 。去年の7月のブログを見ていたら、ミズチドリとかカキランが咲いていたので、そろそろそれらを見ることができるかなあ、と思って出かけたのです。

   湿地に降りる道を歩いていたら、見慣れない小さな花をつけた植物に出会いました。シロバナイナモリソウというアカネ科のイナモリソウ属の草本です。なかなか分からなかったのですが、図鑑を繰っていくうちに分かりました。イナモリソウは花弁の周囲が淡い紫色なのです。これは、花弁が真っ白で、雄しべが突き出しているのが特徴です。ボクは初めて見る植物で、同定できて嬉しいです。

シロバナイナモリソウが1

シロバナイナモリソウが2
  
  フタリシズカがたくさん生えていました。下の写真では、どうやら実が付いたようですね。
フタリシズカの葉は

  下は、サワダツだと思います。実が付いていますね。ニシキギの仲間で、秋には実が赤く熟し、光沢のある黒い種が見えるのですが、それが実に美しいのです。秋が楽しみです。

サワダツに実が

  下は、チダケサシの花です。下の方から白い花が咲き始め、次第に上の方に移って行きます。姿が美しいですね。

チダケサシの白い花

  今の季節にミズチドリが咲いていることを期待して行ったのですが、花は終わりかけていて、美しい姿を見ることができませんでした(下の写真)。

ミズチドリ花が終わり

  カキランは、期待通りでした。ラン科の草本です。下の写真のように、美しい姿ですし、花がきれいなのですね。黄色い花弁の中にピンクの舌状の花弁が出ているのです。作手でも、向山湿地とか庄ノ沢湿地に咲いています。出会えて嬉しかったです。

カキランの花と葉

カキランの花が美しい

  湿地の植物を見ているうちに、黄色の羽を持った大きなチョウを見ました。ようやく止まったところを写したのが下の写真です。その美しさに感激でした。ヒョウモンチョウの仲間ですが、オオウラギンヒョウモンというチョウではないかと思います。でも、羽の裏側を見ていませんので、あまり確かではありません。

オオウラギンヒョウモンでは?

  オミナエシが群生していましたが、まだ黄色い花は咲いていませんでした。しかし、下の写真のように花芽は付いています。開花は間近なのですね。それにしても、葉は深く5裂し、細長いくて鋸歯があるのですね。それが独特です。

オミナエシが群生し

  ウツボグサの花が一輪咲いていました。どこにでも生えている雑草ですが、アップしてみると何と美しい花でしょうか。感動してしまいます。










スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。