スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モッコクを初めて同定!ウワミズザクラ、ヤブデマリ、エゴノキに実が!

     岡崎で見ていた植物の続きです。
  下は、モッコクです。初めて同定できました。名前は聞いていたのですが、実物を見るのは初めてです。葉の形は、トベラとそっくりで、よく間違えられるということです。花は明らかにモッコクの淡い黄色の花です。葉はしばしば赤みを帯びるそうですが、この個体ではそれは見られません。秋には、真っ赤な実に熟すと言います。ボクは見たことがありません。


モッコクを初めて同定

  翌日、長命湿地への道を散歩しました。
  すぐ隣りの果樹園に植えられているサンショウに実がつきました。今は緑色ですが、秋には真っ黒に熟します。葉は奇数羽状複葉で、小葉は波打つような鋸歯があるのが特徴ですね。


サンショウの実が緑

  果樹園のプラムの実が赤くなってきました。道にはその赤い実がたくさん落ちていました。毎年熟すと頂いているのですが、美味しいのです。今年の味はどうでしょうか。

プラムの実が赤くなった

  沿道にアケビがたくさん生っているとことがあるのですが、今年も生っていました。ゴヨウアケビです。下の写真に見るように、葉が5枚輪生するのです。丸い葉も特徴です。実の形が面白いですね。

アケビに実が付いた

  大きな木にたくさんの実が付いていました。始めは分からなかったのですが、実のつき方からウワミズザクラと分かりました。花がビーカーを洗うブラシのような形なのですが、その花のつき方と同じように実がついています。

ウワミズザクラにたくさんの実が

  今、作手ではどこにいってもムラサキシキブの花が咲いているのですが、下の写真の花はとても大きくてきれいだったので写しました。秋に紫色に実る実がきれいなので、それを見たいものです。

ムラサキシキブにきれいな花が

  ヤブデマリに実が付き始めたことはすでにお話しましたが、下の写真のように実が赤くなり始めました。秋にはもっと赤くなり、ほんとうにきれいになるのですね。

ヤブデマリの実が赤くなった

  しばらく前にエゴノキの花が満開になって、枝下に無数の白い花が下向きに咲いた光景をお見せしたことがありますが、その花が実にかわり、無数の白っぽい球となっているのです。その鈴なりの実のつき方には驚かされます。

エゴノキにたくさんの実が

  下は、ネムノキに花芽がついている様子を写しました。岡崎ではだいぶ前からネムノキの花が咲いているのに、作手ではだいぶ遅れるのですね。作手でもネムノキはたくさん生えていますので、花が咲くとほんとうにきれいなのです。その開花が待たれます。

ネムノキに花芽がたくさん

  道端にネジバナが咲いていました。作手では、今年初めて見ました。とくによく捻れて、美しい花が付いていますね。ことしも美しい花を見ることができてうれしいです。

ネジバナがよく巻いた






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。