セグロセキレイが可愛い!キキョウの美しい花!センダンという樹木を初めて同定!

   岡崎の住宅地の散歩の続きです。
  セグロセキレイをカメラに収めることができました。可愛いですね。


セグロセキレイが可愛い

  植え込みにマサキに花が咲いているのを見ました。黄白色の小さな花の集合です。作手の我が家にも植えられているのですが、花はまだでつぼみがたくさんついています。秋に黄色い実の外皮とその中にオレンジ色の種が見え、実に美しいのです。その実を見たいです。

マサキに黄色い花が

  キキョウが美しい花をつけていました。これは植えられたものですが、野生では著しく減少し、絶滅危惧種に指定されていると聞いて驚いています。昔はどこにでも咲いていた、と聞きます。上品で清楚な花ですね。

キキョウの花がきれい

  下の写真の、種が黒いサヤに入っている植物の名前は分かりません。こんな実がつく植物は見たことがありません。と書いたのですが、読者からエニシダではないかとヒントをいただきました。早速図鑑を調べたらその通りでした。黄色い花がきれいな花のあとに、こんな黒い実が付くのですね。ご教示をありがとうごさいました。

この黒いさやは?

  下の写真の植物も、見たことがありません。鋸歯が明瞭な葉の中から花芽のようなものが出ています。きれいな姿の植物ですね。これも読者の指摘で、センリョウと分かりました。前に紹介したことがあるのでそれを思い出して図鑑で確認しました。ありがとうございました。

この植物は何?

  下は、岡崎のわが家のすぐ南の道沿いにあるヒトツバタゴの木に、実がついているところを写しました。別名ナンジャモンジャの木です。自生地はごく限られたところしかなく、殆どは植えられたものです。真っ白の花が木全体についた時にご紹介しました。しかし、こんな実がつくなんて知りませんでした。

ヒトツバタゴに実が付いた

  その並びに植えられている下の写真の植物は、長い間種名が分からなかったのですが、ようやくたどり着きました。センダンの木です。2~3回奇数羽状複葉の葉で、小葉は3~5対、手のひらを広げたような葉のつきかたです。春には淡紫色の花がつきます。花期を見逃していました。

センダンの葉は

  木肌に特徴がありますね。下の写真のように、黒い地に白っぽい斑点が目立ちます。

センダンの木肌

  上の方の幹の木肌は上の写真なのですが、下の方の幹の木肌葉下の写真のようです。上の方の木肌とはだいぶ違います。基本的には縦ジワ模様で、地は暗緑色、縦筋は赤褐色と言ったら良いのでしょうか。長い間わからなかった種名を知ることができて嬉しいです。

センダンの木肌下部



スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード