スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シオデを初めて!ハンカイソウは珍しい!ミズイロオナガシジミを始めて!

  Hさんの雑木林の続きです。
  下は、シオデと教えてもらいました。ユリ科のシオデ属の草本です。写真では、花芽がついています。もうじき黄色の花を咲かせるそうです。葉の形が特徴的ですね。これもほとんど見かけませんね。ボクは初めて見る植物です。


初めてシオデを見た

  湿地の方に行ったら、ハンカイソウの黄色い花が咲いていました。これも以前は見られなかったのに、日照が良くなって生えてきたと言います。湿地に咲く貴重な種類の草本です。掌状に深く裂ける葉に特徴がありますね。何年か前に、九重連山の麓の長者原湿原で初めて見て感激したことを思い出します。

ハンカイソウは珍しい

ハンカイソウの頭花

   下は、コオニユリの葉を写しました。まだ花は咲いていません。葉が垂れ下がる姿が面白いですね。外側に反り返った赤い花が咲けばとてもきれいなのですね。

コオニユリの葉が

  これも初めて見るチョウです。ボクは知らなかったのですが、Hさんに教えていただきました。ミズイロオナガシジミです。きれいなシジミチョウですね。前と後ろが分かりにくい姿ですが、下の写真では明らかに左が頭ですね。オナガという名は、後ろのオレンジ色の斑点の後ろに、長い尻尾が見えるので付けられた名前だろうと思います。

ミズイロオナガシジミに初めて

  下は、ウマノスズクサというツル性の多年草です。ジイソブとかバアソブのような花の形ですね。

初めてウマノスズクサを

  少々驚きました。ササユリの花が咲いていたのです。ここでは見たことがなかったので驚いたわけです。しかも、普通のササユリよりも、色が濃いのです。美しいですね。何度見ても感動です。

ササユリの色が濃い

  下は、ミヤマガマズミです。難しいのはガマズミとコバノガマズミとの違いです。その違いが微妙ですのでしばしば間違うのです。どうしてミヤマガマズミと判断したのか分かりますか。同じような卵型の葉で葉脈も同じです。違うのは葉の形が、葉のつけにに向かって細長くなり、単純な卵型とは違います。葉の先端が尖っていることも違いでしょうね。実のつき方もかなり違います。

ミヤマガマズミの葉に特徴

  もう一つ教えていただいたのは、下の写真のアオハダです。スグ下が木肌ですが、皮目が非常の多いのです。高さは、12mにもなる落葉高木です。

アオハダの木肌(皮目)

  上を向いて、その葉を写しました。葉脈がはっきりしていて特徴的な葉ですね。

アオハダの葉を

  驚いたことに、斜面の途中の草を取り除くと、そこにツチアケビがありました。大きな若いツチアケビです。見事です。腐生植物ですね。土の中の菌類を栄養にして成長するのです。なかなか見れる植物ではありません。こんな貴重な種が生えるこの環境は素晴らしいですね。

立派なツチアケビが






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。