スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガクアジサイの花が美しい!キキョウソウの花も美しい!イボタノキの花が!

   下は、イイギリだと思います。これまであまり見たことがない種ですので、紹介した次第です。どうやら実が付き始めたようです。ハート型で葉柄が長い葉を持ち、花序とその実のつき方から判断しました。秋には真っ赤な実に熟して垂れ下がるのです。その姿がきれいなのですね。春に咲く花は黄色なのですが、ボクは見たことがありません。

イイギリではないか

  下の写真のように、ガクアジサイの花に出会いました。ブルーの花とそれを取り囲む白い装飾花がきれいですね。この季節は花があまり咲いていないので、森の中でこのような色鮮やかな花がさくと、心が華やぎます。装飾花がピンク色をしたものもあるそうです。そういえば園芸種にいろいろな種類があるようです。

ガクアジサイがきれい1

ガクアジサイがきれい2

  ヤブジラミが道端にいっぱい生えていました。前回、ご紹介しましたが、下の写真の豆粒のようなものは、つぼみのようです。セリのような小さな白い花を咲かせるそうです。つぼみは毛に覆われて淡いピンク色をしています。その姿が可愛くて写しました。

ヤブジラミのつぼみが

  下は、キキョウソウです。少し前、矢作川の河川公園に行った時に初めて出会ってご紹介しました。北アメリカ原産の帰化植物ですが、どこにでもはえているようなものではありません。滅多に出会うことのない種ですね。前はつぼみの段階でしたが、茎に段々をなして紫色の花が咲きます。その色が美しいのです。ここでも出会えたのは嬉しかったです。

キキョウソウの花が美しい

  この森には、下のアカメガシワがたくさん生えていて、それに雄花が咲いていました。黄色い細長い穂に花が咲いているのですが、花序が大きくて良く目立ちます。どういうわけか、このように雄花をつけている個体は多いのですが、雌花をつけたものを見ることができませんでした。雄雌別株ですので、雌花が近くにあって当然なのですが、それが見られないのです。なぜなのでしょうか。たまたまボクが見なかっただけなのか、その理由は分かりません。

アカメガシワの雄花が

  さて、次の日、12日、わが庭のイボタノキの花を写しました。下の写真がそれです。前から咲き始めていたのですが、ほとんどがつぼみで、花がなかなか咲かなかったのです。ようやく花がたくさん咲き始め、たくさんの昆虫が寄ってきています。5枚の真っ白い花弁は分厚くて、形はラッパ状です。中に黄色っぽい雌しべや雄しべがついていて、いくつかの花が集合して枝先につきます。

イボタノキの白い花が

  驚いたことに、ほとんどすべての枝先に白い花が付きますので、遠くから見ると白い斑点が散りばめられているように見えるのです。下の写真でそれがわかるでしょうか。手前にシダレザクラやカラマツの枝があって見にくいですが、白い斑点がすべて枝先の花です。

イボタノキの枝先に花






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。