スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キブシの実がきれい!フタリシズカの花が!オオモミジの葉を見た!

   浦山林道の続きです。
   下は、キブシの実がたくさん生っているところに出会いました。光沢のある緑色の実が見事に美しいのです。スダレのように垂れ下がる黄色い花は春に見られますが、長い間、どんな実が生るのか知らなかったのです。実にはいろいろの色があるのですが、緑色の実がこんなに美しいなんて驚きでした。


キブシに緑色の実が1

キブシに緑色の実が2

  ヤマハゼに黄色の花がいっぱい付いていました。枝下に下向きに円錐花序が付きます。これもきれいですね。

ヤマハゼに花が

  下は、おそらくモモの実だろうと思います。どういうわけかまともにモモの木に出会っていないのです。花は何度も見たことがあるのですが、実には出会っていなかったのですね。下の写真ではまだ小さいですが、モモの実の特徴である、縦に避けるくぼみが見えています。

モモに実が生った

  6日は、守義林道を歩きました。
  下の写真は、サルトリイバラに実が付いているところを写しました。他の植物に絡みついて生息するツル性の木本です。秋には真っ赤な実になってきれいなのですね。丸い形の葉とともに印象に残る姿ですね。


サルトリイバラに実が

  下は、コゴメウツギの花が終わったところを写しました。始めは種が分からなかったのですが、葉の形に見覚えがあって図鑑で確認したところ、コゴメウツギと分かりました。

ヤマブキの花の終わり

  道端に丸い形の葉の中から白い花が立ち上がっていました。フタリシズカです。どこにでも見られる種ではなくて、雑草に紛れているので発見が難しいです。

フタリシズカに花が

  下はイロハモミジだと思っていたのですが、それにしては葉が大きいですし、葉の形もちょっとした違いですが、下の方の葉がほぼ水平に広がる点が違います。オオモミジだったのです。紅葉がきれいで、紅葉と黄葉が共存するのですね。

オオモミジの葉が

  下はウツギだろうと思うのですが、ウツギ類もいろいろあって、花が大きく、それぞれ独立していることから別の種、たとえばヒメウツギではないかと思っています。しかし、確かなことは分かりません。

ウツギの花が?

  下は、タマアジサイです。去年の花が枯れて残っています。装飾花も残っています。大きな楕円形の葉で鋸歯が明瞭、葉柄が赤っぽいなどの特徴から判断しました。これから枝先に丸いピンポン玉くらいの大きさの花芽がつき、それが開くと大輪の淡い紫色の花が咲きます。実に美しい花で、ボクの大好きな花です。それを見ることを楽しみにしています。

タマアジサイの古い花



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。