スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナツグミ、クサイチゴに実が!エゴノキに花が満開!今年は異常か?

  愛郷林道の帰り道、道端にたくさんニガナが咲いていました。ニガナは黄色い花とばかり思っていたのですが、中に白い花があったのです。下の写真です。図鑑で調べたところ、シロバナニガナではないかと思います。しかし、図鑑の説明では、花弁がもっと多くて7~9枚あるろ言うのです。下の写真では、5~6枚です。違う種なのでしょうか。

シロバナニガナではないか

  菅沼川にかかる橋の上から下を見下ろしたら、白い花がついて枝が川面にせり出していました。遠くてはっきりとは分からないのですが、全体の姿からウツギ(別名ウノハナ)ではないかと思います。今、各地に咲き始めています。

川にせり出すウツギの花

  そのすぐ対岸の岸辺に,下の写真のシラゲガヤが群生していました。こどにでも見られる雑草ですが、今白い穂をたくさんつけていてきれいです。

シラゲガヤが川原に群生

   次の日は、浦山林道を歩きました。その沿道に植えられたナツグミが生えているのですが、ナツグミに実がつきました。まだ緑色でうっすらと黄色が買ってきたところです。真夏には真っ赤な実に熟しますね。

ナツグミに実が生った

  また、沿道に真っ赤な実をつけたクサイチゴがよく目立ちました。実をつまんで食べてみたら、結構甘くて美味しいのです。3枚セットの葉と一緒に覚えておくと良いでしょう。

クサイチゴに真っ赤な実が

  コデマリは、下の写真のように花が終わっていました。花序が円錐形をしていてその上に白い花を付けていたのですが、花は散ってしまって花序だけが残っています。

コデマリの花の終わり

  そのコデマリの木の下の方に、花がまだ残っていました。白いきれいな花ですね。

コデマリの残った花

  今の季節、作手はエゴノキの花が真っ盛りに咲いています。木全体が白くなるほどたくさんの花が付きます。下の写真がその映像ですが、白っぽいのがみなエゴノキの花です。今年は異常に花が多いように思います。知り合いに聞いたところ、柿も異常に多くの実が付いているとのこと。どういう原因かは知りませんが、年によって大きな変動があるのですね。黄色い門のすぐ後ろの白い花はウツギの花です。


エゴノキに花がいっぱい1

  下は、浦山林道の入口を少し入ったところですが、エゴノキ全体が白く輝いていますね。奥の方にももう一本生えていることが分かりますね。この木の下の路面は、その花が散って真っ白になっています。それを見れば、どこにエゴノキが生えているのかすぐに分かるのですね。

エゴノキに花がいっぱい2

  エゴノキを下から見上げたのが下の写真です。ものすごい数の花であることがお分かりになるかと思います。

下から見上げたエゴノキの花

  花をアップするとしたのようになります。真っ白の5枚の花弁の真ん中に黄色っぽい雌しべと雄しべがつくます。花はみな下を向くのですね。白い玉は、つぼみです。


エゴノキの花がきれいで





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。