スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャコウアゲハに出会った!リョウブの新芽が!作手はハリエンジュの花が真っ盛り!

  神越渓谷に行った時の続きです。
  ジャコウアゲハに出会いました。シロツメクサに止まったところをカメラに収めました。激しく飛び交うので、なかなかシャッターを切れなかったのです。全体に黒い羽ですが、前羽はすこし透けて見えるような感じで、とてもきれいなのですね。


ジャコウアゲハだろうか?

  ネジキの花にも出会いました。下の写真のように、白い小さな壷型の花が下向きに無数に付きます。きれいなのです。

ネジキの花が美しい

  下は、ソヨゴだと思います。花が咲き始めたところでしょうか。常緑の低木です。葉が波打つのが特徴です。秋には真っ赤な実が付きます。

ソヨゴだろうと

  その日、散歩ではなく気になる場所に車で出かけました。我が家から県道を南に下った坂道に、かなり前にヤナギの穂が出ていたのですが、その後がどうなっているか知りたかったのです。ヤナギの木そのものは見つかりませんでした。
  ここはリョウブの木がたくさん生えているのですが、その新芽がきれいなので写しました。葉柄がこんなに赤いのですね。


リョウブの赤い葉柄

  もう一つ気になっているところは、開成地区に生えているカザグルマです。神越渓谷でテッセンの花を見たのですから、ここでも同じ種のカザグルマの花が咲いているはずだと思ったからです。やはり、咲いていました。下の写真のように、見事な大輪の花が、全部で8個くらい咲いていました。一番大きなものは、直径が15cmにもなります。

数輪のカザグルマが

  コアジサイが咲き始めました。淡い紫色の花です。アジサイの仲間の中では、最も小ぶりな花ですが、美しい花です。白っぽいのはまだつぼみです。これも個体数が多くて、沿道に至るところに生えています。

コアジサイの花は

  開成地区への入り口付近で、白い花をたくさんつけた高木を見ました。近寄ってみたら、ハリエンジュ(別名ニセアカシア)でした。岡崎では既に花の季節は終わっているのですが、作手では今が花の真っ盛りだったので驚いたのです。

ウツギ(卯の花)の花が

  橋のたもとの藪の中に、サルナシが生えていました。そして花が咲き始めていたのです。しかも、この場所に生えているのを知ったのは今回が初めてです。ボクの大好きな花です。真っ赤な葉柄もきれいなのですが、白い丸っこい花も美しいのです。まだ咲き始めですので、もっとたくさん花がついたら素敵でしょうね。それを楽しみにしています。

サルナシの花が咲いた

  我が家に戻ったら、水路沿いに生えているイボタノキに花芽がついていることに気づきました。丸っこい葉に白い花がいっぱいつきます。きれいなので、花が咲くのを楽しみにしています。

庭のイボタノキに花芽が






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。