スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タニウツギの花の色に変化が!サワフタギとニシキギに花が!

  三河湖南岸の生活環境保全林を散歩しました。そこの周辺には、見事なタニウツギの花園でした。何十株くらいあったのでしょうか、それぞれにに見事な花が咲いていました。満開と言って良いでしょう。いろいろと見ていると、ピンク色のタニウツギも、色が薄いものからかなり濃いものまであるのです。その違いに驚いています。同じ種でも個体差が大きいのでしょうね。

三河湖のタニウツギ1

三河湖のタニウツギ2

  近くにたくさんのヤマボウシの花が咲いていました。その中でも、下の写真のヤマボウシは、花弁が細長く、萎れているのです。普通はもっと幅広い花弁ですし、萎れているようなことは見たことがありません。なぜなのでしょうか。こんなことがあるのですね。

ヤマボウシの花は

  この地域でサワフタギの花がきれいだったことを思い出すのですが、今年もきれいだした。真っ白の綿のような花がつくのです。ここに来たのも、それがお目当てだったのです。出会えて嬉しかったです。

サワフタギに白い花が1

サワフタギに白い花が2

  意外だったのは、この地域に植えられているニシキギにたくさんの花が咲いていたことです。僕の記憶では、花が咲くのはもっと後だったと思ったのですが、満開の花盛りでした。ニシキギは、枝に硬い翼があることが特徴ですが、下の写真ではそれも見えますね。最初にこの地でこの植物を見たときは、その異様な姿に感激しました。でも、花は色が地味で、白い4枚の花弁です。秋には、葉が真っ赤に紅葉して、とてもきれいなのですね。それも見たいです。

ニシキギに花が1

ニシキギに花が2

   ここで、キケマンが花を咲かせていました。同じ属のムラサキケマンはこの地域では雑草のように生えているのですが、この種は滅多に見ることができないので、出会えて嬉しかったです。

キケマンの黄色い花がきれい

  次の日は、菅守小学校への散歩道を歩いたのですが、わが家のすぐ北の田んぼにカザグルマがたくさん咲いていました。下の写真のように。ここには昔からたくさんのカザグルマが咲いていたことを地主さんから聞いていましたが、それがまだ残っていたのですね。

わが家の北の田んぼにカザグルマ
  
    その近くの沿道で、コウゾリナという雑草を見ました。始めはなかなか種が分からなかったのです。もりかしたらカサゴソウではないかと思って調べたのですが、その花は白かったのです。昔のことを思い出しながら図鑑を調べたところ、コウゾリナであることが分かりました。決め手は葉が対生で、細長く茎を囲むような付き方をするのですね。こういう発見も嬉しいものなのです。

コウゾリナが道端に






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。