スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イロハモミジの実は花のよう!ハナイカダの花を見た!ジャケツイバラの繁茂が!

    長ノ山湿原の奥の方にある池に行きました。そこに生えていたイロハモミジに実がついてそれが赤くて、下の写真のようにまるで花が咲いているようでした。

イロハモミジの実が赤い

  ここにもズミの花を見ました。他の植物もそうですが、花が咲いているとその特徴から種の同定がしやすいのですが、花が咲いていないと葉や幹、枝だけでは同定が難しいことが多いのです。ズミもそうで、葉に目立つ特徴がないので、花が咲いていなかったら分からなかったでしょう。

ここにもズミが咲いていた

  ここにもベニドウダンの花が咲いていました。落葉低木ですが、木全体にたくさんの赤い花が咲きますので、木全体が赤く見えます。

ベニドウダンがあった

  キリの木の枝先に、キリの花が咲いていました。淡い紫色のラッパ状の花がきれいです。茶色の球のようになっているものが花弁を支える萼で、花が散っても残ります。写真の左側の濃い茶色の球は実です。。

キリの木の花が

   下は、庭に生えていた草本ですが、名前が分かりません。葉は5裂し、それぞれの葉がさらに裂ける形が独特ですね。5枚に花弁を持ち、僅かに赤みがかった小さくて清楚な花です。茎も赤紫色なのです。後日、読者からアメリカフウロと教えていただきました。北アメリカ原産の帰化植物だそうです。ご教示を感謝します。

見たこともない花が

  庭に咲いたクリスマスローズの話は大分前にしましたが、まだ花を咲かせているのです。花期が長いのですね。これまで気がつかなかったのですが、大きな花弁のように見えるのは萼で、その中に緑色の球のようなものが五つ見えます。これが実なのでしょう。このことを調べようと図鑑を見たら、載っていませんでした。園芸種だったのですね。

クリスマスローズの実か?

   庭にたくさんカタバミが咲いているのですが、それにモンシロチョウが蜜を吸いにやってきました。お馴染みの白いチョウですが、きれいですね。白い羽のほぼ中央に黒い斑紋があるのでその名が付いたのでしょう。

カタバミの花にモンシロチョウ

  大分前に旧菅守小学校への散歩道で、ハナイカダを見つけた話をしました。その時は、花はなく葉の中央につぼみがついていました。どんな花が咲くのか知りたくて、もう一度見に行きました。暗い森の中なので写真のピントが合いにくく、ピントが甘い画像になってしまいましたが、その花を写しました。小さな二つの花が対になっています。地味な花なのですね。すべての葉に花が咲くわけではなく、中央に葉には花は付いていません。

ハナイカダの花が

  先回、鳳来寺に行った帰り道で、ジャケツイバラを見た話をしました。その後その近くを車で通った時に、たくさんの花をつけた蛇結茨を見ました。その時は写真を撮ることはしなかったのですが、あまりに美しかったので是非とも写真を撮りたいと、再び車を走らせました。長篠の街の北の県道沿いです。下の写真のように、黄色い花がいっぱいに広がっています。写真では写し取れないほどの広がりです。

ジャケツイバラ繁茂し

  黄色い花がきれいです。前の報告で、花が垂れ下がると表現してしまったのですが、間違いでした。下の写真のように、花は枝の上に立ち上がっていました。

ジャケツイバラの花が立って






スポンサーサイト

コメント

桐の花の下の花の名前をお伝えします。

アメリカフウロといいます。
学名は、Geranium carolinianum
フウロソウ科フウロソウ属
北アメリカ原産の帰化植物です。
非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。