スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツクバネウツギの花が!ヤエヤマブキ群生!ズミに実が!

  田之士里湿原に行った帰り道の、宇連野の北の山の中で見た植物たちの続きです。  
  下は、クヌギの雄花が垂れているところを写した写真です。クヌギは、作手ではあまり見かけないのですが、意外に多くの場所に生えていることが分かりました。


クヌギのお花が垂れ

  そのすぐそばに、ツクバネウツギが花を付けていました。ウツギの仲間は、みなラッパ状の形をした花を付けますね。花の付けににある5枚の萼のように見えるものは、この種の特徴ですが、実はそれは萼ではなく種なのだそうです。知りませんでした。

ツクバネウツギの白い花が

  宇連野に行ったついでに、少し南に入った山の中に愛知県営の射撃場があります。大分前にあった愛知国体での射撃の競技のために作られたものです。音がうるさいので山の中に作るのはわかるのですが、利用者はほとんどいません。いつ行っても人影がありませんし、射撃音も聞こえてきません。そんな利用されていない競技施設のために、巨額の資金をつぎ込んでいたのです。国体とは、おかしいですね。
  その施設の前の道に、ヤエヤマブキの花が群生していました。下の写真がそれです。こんなに群生するヤエヤマブキを見るのは初めてです。きれいです!
ヤマブキが群生する場所はたくさんありますが、ヤエヤマブキの群生は珍しいですね。

ヤエヤマブキが群生し

ヤエヤマブキの花三つ

  ガマズミに花芽がついていました。真っ白い花が咲きますが、もうじき開花です。楽しみですね。

ガマズミの花芽が

  下は、エゴノキです。枝の下に無数といっても良いほど花芽が垂れ下がっています。もうじき、真っ白の花が下向きに咲きます。それが美しいのですね。開花が楽しみです。

エゴノキに花芽が垂れ

  道端に、トキワハゼが薄紫色の花をつけて群生していました。

トキワハゼの薄紫の花が

  下は、オニタビラコです。赤っぽい茎とその先端につく黄色い花が目を引きますね。

オニタビラコが生えて

  15日には、巴山ー古戦場コースを散歩しました。前に来た時はズミの花が満開でしたが、今回は花も終わり、下の写真のようにズミに実がついていました。

ズミに実が付いた

  下は、ツタウルシの葉を写した写真です。3枚セット(3出複葉)の葉が特徴で、花芽が付き始めていました。葉や幹を切ると白っぽい乳液が出て、それに触れるとかぶれますので、要注意です。

ツタウルシが絡まって

  毎年この季節、周りから孤立したヤブデマリが生えているのですが、満開に花を咲かせてとてもきれいなのです。周りに目立つものがないので、とくに目立つのでしょう。今、どこに行ってもヤブデマリの花を見ることができます。

ヤブデマリ満開に

  下は、クヌギの雄花を写したものです。これまだこの木はコナラとばかり思っていましたが、クヌギだったのです。よく似ていますが、葉は細長いですし、雄花も違います。ここにも生えていたことに驚いています。

クヌギのお花が垂れた






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。