スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田之士里湿原にオタカラコウの大きな葉が!オダマキの花、トサミズキの花が!ハルジオンにウスバシロチョウ!

  田之士里湿原を見て回ったら、下の写真のような大きな葉がいっぱいありました。ネームプレートがあり、それによればオタカラコウということです。大きな葉の中から茎が出て、その先端に黄色い花を付けます。きれいな花で、感激したことがあります。花の季節に訪れたいと思います。

オタカラコウの大きな葉

  その足で神越渓谷の方に下っていきました。田之士里の集落付近で、ボケの花に出会いました。強烈な赤い色の花が目立ちます。中国原産で、平安時代に渡来したと言われます。今は品種改良され、いろいろの園芸種があるとのことです。

ボケの真っ赤な花

  ベニドウダンの花もきれいでした。

ベニドウダンの花が

  下は、ミコシガヤではないかと思いますが、確かではありません。スゲ族の種の同定はむずかしいです。

ミコシガヤだろう

  オダマキがきれいに咲いていました。野生植物の図鑑には載っていないのですが、ヤマオダマキ、ミヤマオダマキは載っています。ヤマオダマキは花が白ないし淡い黄色、ミヤマオダマキは色が薄い紫色です。おそらく下のオダマキは、人工的に改良された園芸種でしょう。でも、花の形が美しいですね。

オダマキの紫の花が

  神越渓谷まで降りてきたのは、以前に来た時、トサミズキがきれいに咲いていたので、それを見るためでした。下は、トサミズキの花芽がついたところで、まだ開花には至っていませんでした。残念! 黄色い花が咲くときれいなのですが、・・・・。もう少し時間が経たないと花は見れません。

トサミズキに花が

  帰り道、宇連野の来たの方の山の中で白い花が見えたので写したのが下の写真です。アオダモでした。モクセイ科トネリコ属の木本です。トネリコなんていう植物は聞いたことはあっても、見たことはないですね。

アオダモの白い花が

  今の季節、山ではアカシデが花をつけていてきれいです。下の写真がそれです。他のシデ類(クマシデなど)も同じような垂れ下がる花を付けますね。

アカシデの花が垂れ

  近くの草原に、ハルジオンが群生していました。それにウスバシロチョウが蜜を吸いにきました。白い花弁と黄色い雌しべ雄しべが普通ですが、中にはピンク色の花弁のハルジオンがあるのですね。それがきれいなのですが、おまけにウスバシロチョウの羽の模様が加わると、もっときれいになりますね。ウスバシロチョウは、氷河時代の生き残りと言われるチョウで、貴重な種なのですね。

ハルジオンにウスバシロチョウ

  またその近くに、ミズキが花芽をつけていました。この地方の山では、もう白い花をつけ始めています。枝の葉の上に白い花が咲きますので、四方に伸びる枝の花が重なり合ってきれいなのですね。ここでも開花は間近です。

ミズキの花芽が






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。