スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベニドウダン、サラサドウダンの花が!ナラメリンゴフシを見た!

   開成地区の散歩道の続きです。
  下は、エゴノキの花芽を写しました。花芽とはいえ、実が垂れ下がったようにも見えますね。花の季節はこれからですので、花芽であることは間違いありません。


エゴノキの花芽は

  ベニドウダンの真っ赤な花がきれいでした。

ベニドウダンの赤い花

  下は、キツネノボタンでしょう。もう少しアップしないとわかりにくいですが、花の後のイガイガの実が面白い形ですね。

キツネノボタンが花を


  下は、ベニドウダンなのでしょうか、サラサドウダンなのでしょうか。ベニドウダンにしては赤みが足りませんね。やはりサラサドウダンなのでしょう。

サラサドウダンでは?

  下は、サラサドウダンでよいと思うのです。色の変化に個体差があって、植物の同定は難しいですね。

これもサラサドウダンか?

  木いっぱいに白い花がついていました。シキミです。下の写真は花をアップしたものです。仏事に使われますね。そのために、しばしば栽培されています。でも、こんなにたくさんの花を付けるのは見たことがありません。

花いっぱいのシキミ

シキミの白い花が

  下は、コナラの出たばかりの新芽ですね。しかし、その真ん中に玉のようなものがあります。これは、ナラメリンゴフシと言って、タマバチがコナラの木に寄生しているのですね。まるで小さなリンゴのようです。メリンゴというのは小さなリンゴという意味です。昆虫が植物に寄生するものとしては、ヌルデに寄生しるヌルデノフシムシとか、エゴノキに寄生するエゴノネコアシなどを知っていますが、植物と昆虫の寄生関係なんて面白いですね。

ナラメリンゴフシの球が

  下は、ヘビイチゴです。これは、丸い鋸歯がある丸い形の葉と黄色い花が特徴ですね。どこにでも生えている雑草で、この季節どこにでも黄色い花が見られます。イチゴの類は木本が大部分ですが、これは草本です。

ヘビイチゴの黄色い花が

  何度も紹介しているムラサキケマンですが、下はその実がついた状態を写しました。花の根元に折れ曲がったようにサヤが付いていますが、その中に種が入っているのです。その姿が面白いですね。

ムラサキケマンに実が























スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。