スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイフリボクの花がきれい!ヤブデマリ満開!シロバナヤマフジ、ウワミズザクラ満開!

   長ノ山湿原を散歩しましたが、その駐車場の前の湿地に、下の写真のサイフリボクの花が咲いていました。ほとんど聞いたことも見ることもない植物ですが、去年文珠山への登り口のところで初めて見て感激したことを思い出します。落葉低木で、真っ白の花を付けます。

長ノ山湿原駐車場のサイフリボク

  下のようにきれいな花なのです。細長い真っ白の花弁の真ん中に黄色っぽい雌しべ、雄しべがあって、その花が集合して大きな花を作っています。葉の形も端正ですね。。

サイフリボクの白い花は

  その近くの農家の庭先に、下の写真のように、ヤブデマリが真っ白の花を全面につけていました。見事な花で、きれいですね。葉が展開するすべての枝の上に白い花が付きますので、外側に広がる手のひらのように花が付くのですね。これまではつぼみであったのですが、今は満開の状態になりました。

ヤブデマリ満開

ヤブデマリ満開2

  すぐ隣には、下の写真のシロバナヤマフジがいっぱいに花をつけていました。きれいです。白い花のフジは珍しいので、しばしば庭の植木として、また公園などに植えられています。

シロバナヤマフジがきれい

シロバナヤマフジがきれい2

  またそのすぐ隣りに、ナツグミがいっぱいに花をつけていました。葉と同時に展開しますので、木全体が緑色っぽいのです。花は、ラッパ状で黄色っぽい色をしています。

ナツグミの白い花は

ナツグミのの白い花は2

  さらにその奥に、ウワミズザクラがいっぱいに花をつけていました。それが美しいのです。瓶を洗うブラシのような形をした花ですが、小さな花が集まった集合花です。

ウワミズザクラの花がきれい

  いつも思うことですが、現在ある植物の姿は、何百年~何万年という長い年月の間に進化して現在があるのですから、その種が生き残っていくために最も環境に適した形に進化し続けた結果と考えられます。葉の形も花の形や色も、そのように考えると自然の神秘、奥深さを感じますね。

  さて、そこで小さなチョウのヤマトシジミに出会いました。チョウは羽の表と裏でまったく模様や色が違いますので、下の写真はその両方を写しました。裏は白地に黒い斑点、表は水色で黒い縁取りがあります。きれいですね。上に述べたことは、動物にも言えることですね。

ヤマトシジミの表は

ヤマトシジミの裏が






スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。