スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キジの羽を拾った!アカメガシワの新芽がきれい!ヤエヤマブキもきれい!

   守義林道の続きです。
  下は、タチツボスミレの花を写しました。道端にたくさん咲いていたきれいでした。


タチツボスミレがきれい (2)

  帰り道、いつも車を止めているところで長細いきれいな羽を見つけました。何という鳥の羽でしょうか。長さは50cmもあります。こんなに長い羽は、キジの尾羽ではないかと思うのですが、コジュケイかもしれません。きれいですね。

キジの羽か

  大きなアカメガシワの木が谷底から生えていて、その先端に新芽が出ているのです。下の写真はそれですが、アカメガシワの新芽は真っ赤で、花が咲いたようです。きれいです。

アカメガシワの赤い新芽

  帰り道に車で通る道で、下の写真のようなヤエヤマブキに出会いました。ヤマブキはヒトエであることが多いのですが、八重の花は珍しいのです。そしてきれいですね。

ヤエヤマブキがきれい

  その前の谷に砂防堰堤が作られていて、広場と池が広がっていました。その中に咲いていたハナモモではないかと思うきれいな花が咲いていました。

ハナモモの花がきれい

  砂防堰堤の池と広場は下の写真です。守義は急峻な地形のところで、山が崩れたら大変なのとになります。この砂防堰堤はそのために作られたのでしょう。そこに土砂がたまり、広場になっています。遠いので識別しにくいのですが、3本に木が花をつけていました。何の木だろうと、望遠で写したのが下の写真です。

砂防堰堤の池が

  左側の木の花は、ナツグミの花でした。ラッパ状に小さな花がたくさんついていました。

ナツグミの花が満開

  二番目の木は、花の色と形から、おそらくシキミだろうと思います。近寄れない植物でも、望遠レンズでアップして写すと、何とか種を同定できるのですね。

シキミの花がいっぱい

  三番目の樹木は、枝ぶりと葉の形から、タチヤナギではないかと思いますが、間違っているかもしれません。

タチヤナギの新芽が




スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。