スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城山公園でミズバショウが! ヒルムシロに花!タンポポにアゲハがきれい!

  田んぼに水が入りました。途端にカエルの合唱です。賑やかですね。昔、休耕田を開いて田んぼを復元した経験があるのですが、その時の光景が忘れられません。たちまちのうちに、カエルやドジョウが泥の中から出てきて動き出すのです。面白いほどです。最近は、農薬が進歩したのか、濃度を低く保っているのか、生き物たちが水の導入とともに生き返ってくるのはすごいことだと思います。田んぼの生態系を維持し、もっと生き物が甦ってくることを期待したいと思います。

  さて、一週間ほど前(4月25日)、城山公園の植物たちを紹介しましたが、重要な情報を書き忘れました。公園の湿地にミズバショウが咲いていたのです。連休の頃に鬼久保ふれあい広場の湿地で見たことがあるのですが、こんなに早く咲くとは驚きでした。大きな葉に白い花が目立って、とてもきれいですね。


城山公園のミズバショウ1

城山公園のミズバショウ2

  下は、ウマノアシガタというキンポウゲ科の草本だろうと思います。葉の形が独特ですね。

ウマノアシガタの黄色い花 (2)

  池にヒルムシロが繁茂しているのですが、そのヒルムシロに花が咲きました。茶色っぽい塔のように水面から立っています。楕円形の葉が水面いっぱいに広がっているのが特徴です。

ヒルムシロの花が

  下の写真のように、すぐ近くのミズキの巨木に花芽がつきました。真っ白の花が咲くと、とてもきれいなのです。手のひらのように枝が張りだし、その上に白い花を付けるので、白い階段のように見えるのですね。

ミズキに花芽が

  近くにツグミが舞い降りました。意外と近寄っても逃げようとしません。かなり接近して写すことができました。可愛いですね。地面の昆虫や種を食べる時に、警戒心が強いのか、時々首を上げて周りを見渡す動作が特徴なので、遠くからでもツグミと分かります。

ツグミがいた

  今回、最も感激したのは、アゲハを見たことです。下の写真のように、周りのタンポポの黄色い色と調和して、なんと美しいことでしょうか。思わず、自然の造形美に感嘆の声を上げてしまいます。

タンポポにアゲハ1

タンポポにアゲハ2

  作手高校の近くの畑に、ムラサキダイコンの花が咲いていました。紫の色がきれいです。

ムラサキダイコンの花が

  枝垂れたハナモモの赤い花が鮮やかですね。春爛漫の作手の風景でした。

ハナモモの花が


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。