スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コナラの輪切り終了!ウスバシロチョウが花に! ヒトツバタゴに花が!

   この二三日雨ですが、その前に懸案だったコナラの輪切り作業を終了しました。運び込んだ大量の長いコナラをチェンソーで輪切りにする作業をしていたのですが、ようやくその仕事が完了しました。だいぶ時間がかかりました。それを新しく買い込んだ重いマサカリを使って薪にするのですが、それも始めました。下の写真は、全体の四分の一くらい薪割りをし、それを片付けましたので、実際はもっと多かったのです。重いマサカリは威力があるのですが、重いので持ち上げる時に腰の筋肉を使うので、腰痛になるのです。そこで、毎日筋肉痛の湿布薬を腰に貼っています。薪割りも楽ではありません。

丸太の輪切り終了

  ところで季節も良くなってきたし、農協のマーケットに畑に植える苗物が出始めました。狭いですがわが家にも畑がありますので、ミニトマト、ナス、ピーマン、キュウリなどの苗を買ってきて植えようとしました。ところが、苗を買っているボクらを見て、農業をやっている知り合いのMさんは、「苗を植えるのはまだ早いですよ。早朝はまだ寒くて外気が0度近くなり、苗の根が萎縮してしまって育たないのです。最低気温が8度以上になったら植えるのです。植えるなら連休明けですね。」と言われました。そういえば、去年は早く植えすぎて大分ダメにしてしまったことを思い出します。農業に無知なボクらへのMさんのご忠告、心から感謝です。今は、苗を玄関に入れてあります。

  さて、わが家の玄関の近くに植えたヤマブキが黄色い花をつけ始めました。毎年、たくさんの花をつけるので楽しませてもらっています。きれいですね。

ヤマブキが咲いた

  そのヤマブキの花の蜜を吸いに、ウスバシロチョウが寄ってきます。このところわが庭にはウスバシロチョウが飛び交っているのです。白地に黒い線の模様がきれいなのですね。図鑑によれば、このチョウの食草はムラサキケマンだそうです。うちの庭には去年ころからムラサキケマンがたくさん生え始め、群生に近い状態になっています。ウスバシロチョウが多いのはそのためだったことが分かりました。

ヤマブキにウスバシロチョウ

  庭のタンポポにもウスバシロチョウが寄ってくるのですが、羽を開いたところを写しました。

タンポポにウスバシロチョウ

  下は、ハナニラに止まったウスバシロチョウですが、このチョウは頭の上と胴体の下が黄色いのですね。知りませんでした。

ハナニラにウスバシロチョウ

  庭のナルコユリに花芽が垂れるようになりました。花も美しいですが、大きな並行脈の葉もきれいなので好きな植物の一つです。

ナルコユリに花芽が

  日曜日に岡崎の家のすぐそばに、ヒトツバタゴの木が何本か植えられていて、今、花をつけ始めたのです。別名、ナンジャモンジャと言いますね。まだつぼみの段階ですが、真っ白の花が咲くと本当にきれいなのですね。この種は、自生地が極めて限られており、国の天然記念物に指定されています。ですから、もちろんこの木も植えられたものです。

ヒトツバタゴに花が咲いた

ヒトツバタゴに花が

  ヒトツバタゴを見上げているうちに、キジバトがすぐ近くに降りてきました。近くで見ると、キジバトはきれいな鳥なのですね。羽が魚の鱗のように見えてきれいです。

キジバトが近くに






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。