スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウマノアシガタ、ニリンソウを初めて同定できた!ヤブデマリがもう花芽を!

  ナズナがぺんぺん草になりました。懐かしいですね。茎についた三角形の実が三味線のバチに似ていることから、ペンペンという名がつけられたと聞きました。葉は下の方ほど大きな葉です。

ぺんぺん草が

  下は、あぜに生えたヒメオドリコソウの大きな群落です。群生しやすい性質を持つ植物ですね。一つ一つの花が塔のようになっていて、それが群がるときれいです。

ヒメオドリコソウがきれいで

  今回初めて同定できました。下はウマノアシガタというキンポウゲ科の草本です。黄色い花はありふれているのですが、葉に特徴があります。葉は3~5裂して、全体として丸いのですね。

ウマノアシガタの黄色い花

  下の写真に見るように、花が黄色ばかりでなく白いものもあるのですね。

ウマノアシガタの葉に

  民家の庭先に、美しいピンク色のモクレンが咲いていました。淡い色が素敵ですね。

モクレン色がきれい

  同じ色になっていて見にくいですが、ヤブデマリに花芽がついたところを写しました。もうじきヤブデマリに白い花がさくのですね。それが楽しみです。秋には真っ赤な実がつくのも楽しみです。


ヤブデマリに花芽が

  知り合いのOさんの家の庭に、ニリンソウが咲いていました。足助の香嵐渓に行った時に咲いていたことを思い出します。とても珍しい種で、Oさんが育てているのでしょう。白い花が清楚できれいです。白い5枚の花弁と雄しべが真っ白なのもきれいですね。

ニリンソウの花が1

ニリンソウの花が2






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。