スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お隣りの奥さんの実家は花園、チョウチンザクラ、ツバキの花がきれい!

  昨日23日は、お隣の奥さんから「実家のチョウチンザクラの花がきれいに咲いたので、写真を撮りに来ませんか? ちょうど実家に用事があって行くので」と誘われました。チョウチンザクラなんて聞いたこともなかったので、行ってみることにしました。この村の南のほうの河合に実家があります。高台に大きな屋敷があり、お兄さん夫妻が住んでおられました。高台ですのでとても景色が良いところです。
  その屋敷の入口に、お目当てのチョウチンザクラが見事に花をつけていました。下の写真です。サクラも種類が多く、同定は難しいです。図鑑によれば、サクラは古くから園芸種が作られており、江戸時代の後期が最盛期だったようです。ボクらがよく知っているソメイヨシノはこの時期に作られて品種ですね。こうして人工的に作られたサクラは「サトザクラ」と呼ばれるそうです。このお宅ではチョウチンザクラと呼んでいますが、サトザクラのうちのカンザン(関山)と呼ばれる品種ではないかと思われます。昔から大きな花を付け、色が美しいので珍重され、庭木として植えられているそうです。それにしても、見事な花ですね。


チョウチンザクラ1

チョウチンザクラ2

チョウチンザクラ3

  このお宅の主人は、ツバキの花に傾倒していて、全国を回っていろいろの種類のツバキの花を集めておられます。ツバキも、花の色や柄の変化を楽しむために人工的に掛け合わせてたくさんの種類の品種が作り出されているそうです。全国で200種類以上になると言います。お宅の庭に植えられているたくさんのツバキの花を見させていただきました。その多様さに驚きました。どれも美しいですね。ボクらが野山で見るのは、ヤブツバキが多いですが、それは赤一色です。それとは違って、このお宅のツバキは、花の色も形も多様な品種があるのです。
   下は、花弁が赤と白に色づいているのです。花柄も大きいですね。

ツバキの花1

ツバキの花2

  下のように、花弁が赤く縁どられていて、中が白っぽいのです。

ツバキの花3

  下は、葉を注意してみてください。花は普通の椿と変わらないのですが、葉の先端が金魚の尻尾のような形になっているのです。こんな葉は見たこともありませんね。

ツバキの花4

  下は、花弁が赤とピンクのカスリ模様のようになっています。きれいですね。

ツバキの花5

  下は、まるでピンク色のダリヤのような花ですね。色が美しいですね。

ツバキの花6

  きりがないほどたくさんの種類のツバキが植えられており、その多様性と美しさを堪能しました。下は、玄関前の道端に植えられていたクリスマスローズですが、花の数が100以上あるでしょう。こんなにたくさんの花をつけたクリスマスローズは見たことがありません。色も素敵ですね。

クリスマスローズがきれい






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。