スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼久保ふれあい広場で ハクモクレン、モクレン、トサミズキの花が美しい!

  18日は鬼久保ふれあい広場を歩きました。施設がある中央付近に真っ白の大きな花をつけた樹木がありました。はじめはコブシではないかと思ったのですが、近寄ってみると花がとても大きく、花弁も8~12枚もあるのです。その特徴からハクモクレンだと判断しました。きれいです。

鬼久保広場のハクモクレン

ハクモクレンの大きな花

 樹木の下には、白い花弁がたくさん落ちていました。花弁が落ちた姿が下の写真です。図鑑によれば、突き出しているのが雄しべで、周りの赤いものが雌しべだそうです。淡い緑が新芽でしょう。きれいなので、思わず写しました。

ハクモクレン花の終わり

  道端にドウダンツツジの植え込みがあり、それにいっぱい花がついていました。小さな白い花で、その花は壷型で下に向いて垂れ下がっています。

ドウダンツツジ壷型の花

  ヤナギ類は種類が多いので確かではありませんが、下は、タチヤナギではないかと思います。雄花序の形と細長い葉の特徴、および雄花序と葉の展開が同時であることなどの特徴から判断しました。

このヤナギの花は?

  下は、トサミズキの花です。小さな花が集合していますが、花の先端に赤いものが見えます。また、新芽が下に向くように出始めていますが、その根元に赤いものがかぶさっています。それがきれいなのですが、その役割がよく分かりません。

トサミズキの花の葯が

  紫色の花をいっぱいにつけたモクレンが咲いていました。一際華やかな花で、花弁の内側がしろいのも美しさの秘密でしょうね。

モクレンの紫の花

モクレンの花が

  ここにもズミの花が咲き始めていました。までつぼみが大部分ですが、開花は間近ですね。

ここにもズミが

  下の写真の黄色い草本が、何という種なのか分かりません。ありふれた植物のようにも見えるのですが、ボクの頭には入っていないのです。どなたか教えてください。

この黄色い花は?






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。