FC2ブログ

ズミの木に花が! ウリカエデ満開! ミツバツツジがきれい!

   16日は巴山ー古戦場ルートの散歩道を歩きました。そろそろズミの木に花およびクロモジに花が咲いている頃かなあ、と思ったからです。ちょっとびっくりしたのは、道端にアラカシの新芽が出ていたからです。作手は高地で寒いので、アラカシなど暖地に育つ常緑樹はないと思っていたのです。あったとしても高木にはならないだろうと想像していたのです。これは意外でした。アラカシの新芽は,下の写真のような形をしていて、すぐにわかります。

アラカシの新芽が出た

  気持ちの良い道ですので気分良く歩いていたら、雑木林の中を数羽の小鳥が飛び抜けました。ようやくカメラに収めることができましたが、ヤマガラでした。全身が写っていませんが、可愛らしいですね。

ヤマガラに出会った

  お目当てのズミの木はもっと遠くにあるのですが、もっと近くにもありました。下の写真がそれです。でも、まだつぼみの段階で花はまだでした。花が咲くと、木全体が真っ白に輝きます。

ズミの木につぼみが

  つぼみは下の写真のような形をしているのですね。知りませんでした。ほとんどすべての枝先につぼみが出ていますので、花が咲くと木全体が真っ白になるのですね。

ズミのつぼみは

  道端に大きく成長したウリカエデの木があり、それに黄色い花がいっぱいについていました。今が満開といったところでしょうか。とてもきれいです。枝や木肌が緑色をしているのが特徴ですね。。

ウリカエデの花がいっぱい

ウリカエデの花は

  思いもかけないところにズミの巨木があり、花をつけていました。木全体が真っ白です。根元の太さは直径40cmくらいあります。これまで何度もこの道を歩いていたのですが、ここにこんなに立派なズミの木はあるなんて知りませんでした。

ズミの木に花が

ズミの木の花

  樹木の木肌も種の同定には重要な要素なので、下のように幹の木肌を写しておきました。コナラに似て縦にシワがあるのですね。

ズミの木の木肌は

  人工林の奥の雑木林に、光り輝くように咲いているミツバツツジがありました。その鮮やかさに惹かれるように、人工林の中を近づいて写しました。すぐ傍までは近寄っていませんので、コバノミツバツツジかどうかは分かりません。

色鮮やかなミツバツツジ






スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード