スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作手は芽吹きの季節です! シロモジ、キブシ、ムスカリ、バッコヤナギの花が美しい!

  今、作手はシロモジが満開です。この地方で特に個体数の多い落葉低木です。至るところに黄色い花が咲きますので、雑木林が華やぐのです。あまり知られていませんが、美しい花ですし、岡崎などの低地では見られませんし、「作手の花」として広めたいと思うくらいです。

シロモジの黄色い花が

  下の写真のように、枝先に二つの花が咲き、真ん中の尖った緑が新芽で、そこに葉が展開します。葉よりも前に花が咲くので、とてもきれいなのですね。

シロモジの花をアップ

  下は、ウリカエデの芽吹きです。赤っぽいつぼみが割れて、中から緑色の新芽が噴出しています。作手ではたくさんの樹木の芽吹きが始まっていて、きれいなのです。

ウリカエデの新芽が

  庭のムスカリがたくさん花をつけていることは前にもお話しましたが、ブルーの花は下の写真のようにたくさんの壷型の花の集合なのですね。壷型の花の口の部分が白いのがきれいですね。

ムスカリの壷型の花

  隣りの果樹園のプラムに花が咲き、今が満開です。サクラなどと違って、花のつぼみが淡い緑色なので、木全体が緑色っぽく見えます。今年もたくさんのプラムが収穫されるでしょう。それが楽しみです。

プラムの花が満開

  涼風の里の近くの橋のたもとに、毎年きれいなキブシのすだれが垂れます。無数とも言える黄色いたくさんの花のすだれが垂れ、とてもきれいなのです。下の写真のようにアップすると、小さな花の集合であることが分かります。

キブシのスダレが (2)

キブシの花をアップ

  県道の坂を南の方に上り詰めたところにヤナギの木があります。ヤナギの仲間はたくさんの種類があり、同定はとても難しいです。図鑑によれば、ヤナギ属は葉の展開前に花が咲くものと、葉と花とが同時に展開するものに分けられています。葉の展開前に花が咲くものには、ネコヤナギが最もよく見かけますが、バッコヤナギもその一つです。下の写真の植物は、バッコヤナギではないかと思います。

バッコヤナギか?

   そのすぐ隣に生えているのが下の写真のヤナギですが、これも同定は難しいですが、オオキツネヤナギではないかと思います。これも葉の展開前に花が咲きます。

オオキツネヤナギか?

  下は、この地方で個体数の多いリョウブの芽吹きです。下の写真のように、まさに芽吹きが始まったところですね。すべての赤褐色の枝先に白っぽい新芽がついている様子は、独特の姿でとても美しいと思います。

ネジキの芽吹きが


  これからの芽吹きの季節を楽しみたいと思います。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。