スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春を探して! ネコヤナギが色づいてきました! アセビ満開! 霜柱が!

  作手に春は確実に近づいています。前にネコヤナギの穂が出たことを触れましたが、下の写真のようにそれが色づいてきました。色づくときれいなのですね。

ネコヤナギの穂が1

ネコヤナギの穂が2

  下は、ネコヤナギの冬芽がまだ白い穂に覆われないところを撮りました。その冬芽があかくて美しいのです。

ネコヤナギの冬芽

  今、アセビの花が満開です。小さな壷型の花が枝の下にびっしりとぶら下がっています。。

アセビの白い花

  下は、ネジキの冬芽です。枝も含めて、冬芽が赤くてきれいなのです。

ネジキの冬芽がきれい

  長命湿地のハンノキに雄花が垂れ下がっていました。ハンノキ属の樹木は、春先に枝先に5~6cmの雄花が5本くらい垂れ下がるのです。写真を写したときは強い風が吹いていて、それがなびいていました。根元に雌花の丸い実が付いているのが分かるでしょうか。

ハンノキの雄花が垂れて

  下は、ヤシャブシではないかと思います。ハンノキのように雄花がありませんが、ヤシャブシももう少し経つとお花がついてきれいなのですね。見えているのは、雌花だろうと思います。

これはヤシャブシか?

  道端にショウジョウバカマのロゼット状の葉が見られ、その真ん中に花芽が付いています。そこから30cm位の長さの茎が伸びて、その先に花が付くのですね。開花が楽しみです。

ショウジョウバカマの新芽が

  巴山の周辺を散歩した時に、山道の日陰のところにびっしりと霜柱が立っていました。長さが5~6cmもあるでしょうか。中には10cm位の霜柱もありました。雪はほとんど消えているのですが、日陰の部分は寒いのでしょう。土の中の水分が凝結して霜柱となるのですね。ですから霜柱が立っているところは、土の中に水分が多いところということになります。ここでは、春と冬とがせめぎ合っているということでしょう。

長い霜柱が1

長い霜柱が2




スポンサーサイト

コメント

大きな木

お元気そうで何よりです。最近は雨が多く、外を歩き回れませんが足ツボマットで体調を整えています。
巨木ツアーはどうでしたか、また写真をアップしてください。
非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。