スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボクの健康法その10 高血圧を治す「サバ缶カレー」の効果は?!

   数日前、「ボクの健康法」を久しぶりに書きました。脳梗塞を経験して1年、その後変更したことなどを書いてみたかったからです。今回は、食事療法に関して書いてみます。

  脳梗塞で退院するとき、市民病院の栄養士さんに、具体的にどのような食生活をすればよいのかを相談したことがあります。その時に言われたことは、ボクの場合、塩分を取りすぎていること、平均すると1日12grくらい取っていると計算してくれました。また朝・昼・晩の食事のバランスが良くない、夜の食事に多く取り過ぎれいる。野菜食に偏りすぎているのでもっとタンパク質を取るように、魚は十分ですが肉類が少ないですね、といったアドバイスでした。アドバイスの理由などを聞いて、無知だったことを大いに反省した次第です。

  まずは、減塩ということで、ラーメンやうどん・ソバは汁を全部飲まない、それだけで塩分量が激減すること、醤油をできるだけ使わないでポン酢のような調味料を使う。お浸しに醤油をかけるのではなく、小皿に醤油を取りそれに付けて食べることなど指導され、それを続けています。調理するときでも、できるだけ塩や醤油を使わないで、素材の味を引き出す工夫をしてきました。例えば、昆布などのだしを使うと美味しくなることを発見しました。まて、それまでになく、使うポン酢やドレッシングの種類が増えました。塩分の含有量が少ないものが、いろいろの味で競って売られていることも知りましたし、それが美味しいのですね。

  この減塩は、ボクの高血圧を下げるためです。高血圧の原因の一つが塩分の摂り過ぎだからです。毎日血圧を計測するようになって、確かに血圧が高いことを実感するようになりました。とくに早朝、起きてすぐに計ると、最高値が180mmHgを超えることがしばしばあります。多くの場合は160~170以上あります。医者からは、140~120mmHgにするように、薬で調節してください、と言われています。そこで、血圧の薬をも含めて毎日4種類ものたくさんの薬を飲んでいるのですが、一向に良くならないのです。それも薬を飲み始めて1年にもなるのに、ほとんど変化がないのです。

  そこで、医者に薬の効果がないから薬を止めたいと言ったのですが、薬の種類を変えたり、飲む時間(朝から夜寝る前に飲む)を変えてりして、飲まないことの許可が下りませんでした。しかし、それでも効果が現れません。始めは血圧の計測器が悪いのではないかとも思いましたが、故障はないようです。1年経っても効果が現れないのなら、医師の忠告を無視して、今は血圧の薬は飲んでいません。ただ、過去に脳梗塞を起こしたのですから、血液サラサラの薬は飲み続ける必要があると考え、それは続けています。

  健康問題の雑誌で、「爽快」という月刊雑誌があることをご存知の方もおられると思います。二週間ほど前、連れ合いが本屋さんの店頭で4月号の「血管がぐんぐん若返る、突然死、心筋梗塞、脳卒中を強力に防ぐ、No.1療法」、「耳をもむと体が変わる、超健康になる」という衝撃的な見出しの雑誌でした。そんなことが?! と思って読んでみたのですが、それぞれ専門の医者や研究者が書いているので嘘八百が書いてあるとは思えません。きちんとしたデータを添えて、その効能が書かれていました。

  嘘だと思って、たくさん紹介されている療法の中の一つを確かめようと、「サバ缶カレー」を試してみました。その人は、朝食に週に3、4回、甘口の「カレーライス」を食べると言います。それに鯖缶の水煮をいれると効果が大きいそうです。具体的には、温めた豆乳にカレールーをとかして、缶詰のサバの水煮を加えるだけの超簡単料理。カレーはスパイスの宝庫、スパイスは漢方で言えば生薬で、まさにカレーは漢方薬と言えるほどです。それを朝食べることで代謝が上がり、元気が出るのだそうです。カレーの中心となる成分は、カルダモンというスパイスで、香りが高く脳血管を拡張して血流を増やす作用があるというのです。またカレーの黄色の成分は、ウコンだそうです。

  具となるサバには、オメガ3という不飽和脂肪酸が豊富で、悪玉コレステロールを減らして動脈硬化をおさえ、脳卒中を予防する効果があると言います。高齢者の血管障害が多いのは、タンパク質の不足が言われますが、サバを食べることはそれを補います。豆乳も大豆由来のタンパク質が豊富です。

  具体的に毎朝、サバ缶カレーを食べてみて、その効果に驚いています。ほぼ5~6日で早朝血圧の最高値が平均170mmHgくらいから130台に低下し、その後ずっとその値を持続しています。この雑誌に出ている血圧を下げる療法として、「玉ねぎの油炒め」がありますが、ボクはサバ缶カレーに玉ねぎの油炒めを加えています。

  ボクが試したのはわずか二週間ほどですが、今後も続けてみてさらに効果が確認されれば、ボクは高血圧とおさらばできると思うと嬉しいのです。

  その他、この雑誌には、ヴェルディーのオペラ「椿姫」を聞くと血圧が抑えられるという記事があります。モーツアルトの音楽を聴かせると牛の乳の出がよくなることは聞いたことがあるのですが、何人かのプロが「椿姫」が良いと言います。ホントかなあ、と思い、雑誌に付いているCDを今試しています。素晴らしく楽しい曲で、それ自体を楽しんでいますが。「耳をもむ」療法も効果があるようですが、試している段階です。しかし、サバ缶カレーの効果が大きすぎて、「椿姫」を聞いた効果がどの程度なのかが分かるのだろうか、また「耳をもむ」効果も分かるのだろうかと思っています。


スポンサーサイト

コメント

No title

レシピ既に書かれていたんですね、頂いたカレーを美味しく食べたので、私も調理してみます。
非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。