スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェンマイの旅13 カレン族の首長族の村で! フラワー・ガーデンがきれいだった!

  エレファント・キャンプ訪問の後に行ったのは、バーン・トン・ルアンというカレン族の村でした。中でもいわゆる首長族の村を訪ねました。カレン族や首長族に付いて,下のようなネットの記事がありましたので紹介します。
  **************************************************************************************************************************************
  長族の現状を言いますと、今、我々が目にすることが出来る首長族は、殆どがミャンマーから逃れてきた難民です。彼らは、カレン族という少数民族の中のさらに小さな一派です。カレン族をはじめミャンマー国内の少数民族は、長きに渡り、ミャンマー政府から迫害を受けたり、ゲリラとして政府軍と抗戦したりしたり、いろいろ居ます。
 ご存じのようにミャンマーの軍事政権下でたくさんの人々が国から逃げていて、国境を接するタイにもたくさんの難民が流れてきています。タイ政府もいくつかの地域に難民の居留地を提供しています。その難民の中にカレン族も居て、その中に首長族もいます。
 元々首長族といえど、首を長く矯正するのは、ある満月の日に生まれた女児を宗教的意味合いからリングをはめて育てたので、そんなに大勢いるわけではありま せんでした。しかし、今、タイ国内のカレン族の村に行くと首の長い女性が大勢います。それは、首長族というキャッチフレーズで彼らの村々がちょっとした観 光地にされてきているからです。彼らも背に腹は代えられないので、女児にすすんで首輪の矯正を施しています。
 あくまでも難民キャンプですので、大々的な観光ではありませんが、キャンプ地に入るのに入村料が必要ですし、彼らが作った手作りの工芸品を買えば、多少の 生活の足しにはなります。隣接する難民キャンプよりは多少は生活は助かっていますが、難民は難民です。人里離れた暮らしにくい場所に押し込められているの が現状です。
 首の長い構造は、他の方々が述べた通りです。誰かやめようと思わないのかというのは、外部からやってきた人権団体とかは思うかもしれませんが、隔離状態の 彼らには元々の風習なので違和感は無さそうです。命からがらミャンマーから逃げてきたので、今はまず生きていけることが最優先です。
  **************************************************************************************************
  下は、カレン族の娘さんを、首飾りなどの説明をしているガイドさんとともに写しました。彼らが機織りをして作った布地がたくさん掛けられて売っていました。絹織物で、とてもきれいなのです。土産物の露店の奥にはたいがい若い娘さんがいて、機織りをしていました。刺繍も見事なのです。

カレン族の女性の民族衣装

  華やかな露店の店先なのですが、先にネットの記事のように、悲劇の民族だと思うと、複雑な気持ちになります。下の写真の少女も、首に金色の金属の輪をはめていて首を長く見せてます。本当は首が長いのではなく、超なで形なのですって。数年に一度くらいの割合で、金属の首輪を取り替えているそうです。

カレン族の少女

  下の写真の女性も、首輪をしています。腕輪もしていますし、足に輪をはめている女性もいました。民族の風習とはいえ、他では見られない変わった風習だと思いますね。

首長族の女性

  露店に吊るされた織物が、色とりどりで本当にきれいでした。伝統工芸なのですね。

カレン族の土産物露店

  この村では、男性がほとんど見かけませんでした。日本に帰ってタイの国について詳しい人に聞いたら、男性は育児をしたり、食事を作ったり、露天の女性たちを助けて裏方の仕事をしているのだそうです。それも面白いですね。
  村の中の道端に,下の写真のような白い花が咲いていました。種名は分かりません。


村の白い花は?



  さて、ワンデイツアーの最後は、ランとチョウの館です。Bai Orchid Butterflyと看板に出ていましたが、背後のピンク色の花は、後に示すアカバナソミンカという種だと思います。


フラワー・ガーデンの看板

  下の写真は、その館の入口で、たくさんの観光客で賑わっていました。これまでの農村の屋根の作りとはだいぶ違いますね。

フラワー・ガーデン正面

  ランの館は温室になっていて、下の写真のように色とりどりの素敵なランの花が咲き乱れていました。これだけ多くの種類が見られるところはあまりないのではないかと思いました。

ランの花園にて1

  美しいランの花のいくつかをお店しましょう。赤、オレンジ色、紫色とそれぞれきれいですね。

ランの花園にて2

  下は、ピンク色の花です。ひときわ色鮮やかでした。

ランの花園にて3

  下のように、黄色の花もありました。ランの花に詳しくないボクらにとっては、その貴重さがわからないのは残念でした。

ランの花園にて4





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。