スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェンマイの旅12 竹の筏で気持ちが良い川下りでした!

   筏の川下りの話をしましたが、その続きです。
  下の写真のように、筏に乗っての川下りは、沿線が緑豊かだとてもきれいな風景なのです。僕らのツアーグループが、数人ずつ筏に乗って川を下っている様子が分かると思います。その時は、ネコヤナギのような柳の穂が筏の僕らのそばにまで飛び散ってきてきれいだったのでした。


川下りの景色が

  沿線の村が見えましたが、粗末の民家は皆草葺きでした。この民家の様子は、チェンマイのような都会では見られない風景ですね。

粗末なバラックの民家

  その民家の庭には、象が飼われていました。下の写真は、ピントが甘いのですが、像がいるのが分かりますね。エレファント・キャンプの象は、こうした農家から狩り出されているのでしょう。

飼われている象

  沿線の民家の一部に、四阿のようなものがありました。それがとても格好が良く、キャンプで見た四阿と同じ草葺きでした。

草葺きのあずまやが

  そのうちに、川沿いに別のエレファント・キャンプがあって、たくさんの観光客が象に乗っていました。皆楽しそうでした。

エレファント・ライディングの場

  そのエレファント・キャンプが下の写真の建物です。二階建てか三階建ての大きな建物で、たくさんの観光客がいました。

エレファント・キャンプが

  そして、川下りの終点に近づきました。川下りは1時間くらいだったでしょうか。楽しい川下りでした。

筏の船着場に

  その近くで、岸にバナナが生っていました。下の写真の大きな葉の植物です。よく見ないとわからないと思いますが、バナナも青い実がたくさん生っていました。途中もそうでしたが、畑のようなとことろで栽培されているものではなく、山の斜面に所々に自然に生えているのです。ココナッツや使徒同じようでした。

バナナに実が生っていた

  筏に乗っている時にも思ったのですが、下った筏はどうして上流の下の位置に戻すのだろうと思いました。そうしたら、筏から上がった先で大きなクレーン車が来ていて、筏を吊るしてトラックに乗せていたのです。下の写真のように。なるほどと思いました。トラックで下の上流まで運ぶのでした。トラックに積み上げた筏を見ると、竹が組み合わされていることがわかりますね。

クレーン車で筏を






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。