スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェンマイの旅11 エレファント・ライディングはエクサイティング!筏の川下りが!

  エレファント・キャンプでの次の体験は、オックス・ライディングエレファント・ライディング。つまり牛車乗りと象乗りでした。牛車乗りは、下の写真のように牛に引かれた牛車に乗って、村の道を走るのです。二頭立ての牛に引かれます。村の道は舗装されていませんので、激しく揺られるのです。枠に捕まっていないと振り落とされてしまいそうでした。でも村の中のお寺の前を通ったり、民家の庭先に見える植物などを楽しみながらの30分ほどのライディングでした。牛車は激しく揺れるので、写真を撮ることなどできません。本当は、その風景を写したかったのですが、・・・・。

オックス・ライディング

  ようやくエレファント・ライディングのできる小屋に着いて、そこから村全体が見渡せました。下の写真のように、この村は山がちな地域を小さな川が作った平野に位置しているのです。日本のように耕地が整然としておらず、粗放的な農業を行っていることが分かります。  

村の風景

  いよいよ牛車乗りから象乗り(エレファント・ライディング)への乗り継ぎです。象の高さの台が作られており、そこから象の背中に設置された椅子の上に乗り移るのですが、高いので怖かったです。ここで降りた人々は、牛車乗りに交代するわけです。

エレファント・ライディングを

  下の写真のように、象が鼻を突き出しますと、怖くなりますが、象はおとなしい動物なので大丈夫なのです。これまた、象の背中に乗ると、激しく揺れますので、写真など撮ることはとてもできませんでした。 


この象に乗る

  高い象の背中に載っていますので、街の中の平坦な道を歩いているときは見晴らしがよくて気持ちが良いのですが、川に下ってゆく時の急斜面は、荷台から振り落とされそうになるほど激しく揺れます。それはエクサイティングでした! そして、驚いたことにそのまま、川の中に入っていくではありませんか。かろうじて写したのが下の写真ですが、逆光になってしまったようです。そして、対岸にたどり着くと、急斜面の山道を登っていきます。そのときも激しい揺れでした。1時間も揺られていたでしょうか。降りた時にはホッとしました。象使いの青年に、感謝を込めて日本のアメ(キャンディー)を渡したら、とても喜んでいました。

象の川渡り

  昼の食事をした後、筏の川下りまで多少の時間があったので、近所を散歩してきれいな花などを見て楽しみました。下は、バショウのような大きな葉の植物ですが、そこに咲いていた黄色いきれいな花を写した写真です。種名はわかりません。

大きな葉の黄色い花

  下は、黒っぽい実が垂れ下がっていました。日本では見たこともない植物ですね。これも種名は分かりません。

黒い実が垂れ下がって

  昼食後は、筏に乗って川下りです。その筏が面白いのです。竹で作られているのです。下の写真のように、長さが7~8mの竹を幅2mくらいに組むのですが、10数cmの丸太の上下に竹を組み合わせて作っているのです。竹は中空ですから水に浮きやすいですね。二重に上と下に竹が組まれていますので、客が座る上の方にまで水があふれることがないのです。実にうまく作っていることに感心しました。真ん中に木の椅子が見えますが、それに客が座ります。二人の船頭が長い竹の棒で筏を操って進むのです。

竹の筏が

  筏の川下りは実に爽快でした。まわりの景色が良いのです。真夏でしたら、川風が涼しくてもっと良かったでしょう。船頭の青年が、お客を笑わせながら船を操ってくれました。川にはしばしば象の糞が浮いて流れていました。これも愛嬌でしょうね。

筏で川下りを

  川沿いの村々がよく見えました。下は、樹上ハウスのようなものでしょうね。樹木が生い茂る森の中ですので、当然樹上ハウスがあっても良いと思いますが、日本では見られない光景ですね。

樹上ハウスが

  村々の民家は、下の写真のように草葺き屋根です。この地方の村人たちは、どこでも草葺き屋根の家に住んでいるのですね。

草葺きの民家が

  牛車乗り、象乗り、筏の川下りなど、滅多に味わえないエクサイティングな体験をしました。これが旅の面白さ、醍醐味なのでしょうね。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。