スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の話は中断。大雪が降り真冬の寒さですが、外は春の準備を始めています!

  ちょっとチェンマイの旅をちょっと中断します。
  チェンマイの旅の報告を続けているうちに、作手は大雪に降られながらも、少しずつ春の気配を感じています。旅の報告を中断して、その報告をします。
  2月8日(土)に日本全国大雪が降りましたね。作手も大雪でした。下の写真は、わが家の2階から200mほど離れた対岸の山を写したものですが、ボタン雪がさんさんと降っている様子が分かるでしょうか。


大雪が降っている

  庭の様子は下の写真です、外はみぞれが降っていて外に出るのが億劫になり、窓から写した写真です。テーブルや椅子の上に積もる雪の様子から、積雪は12cmくらいでしょうか。雪は汚いものを覆い尽くしますので、景色はとても良いのです。

雪におおわれた庭

  最近、庭には朝のうちにしばしばジョウビタキが訪れます。これも窓から撮った写真ですが、羽の白い斑点とオレンジ色のお腹がきれいですね。やはりその美しさに感動します。

庭にジョウビタキが

  県道を南に下って開成地区を一周する散歩コースを歩きました。いつもネコヤナギがきれいなところがあり、そこにネコヤナギの白い穂がふっくらとしていました。それが美しいのです。そのうちに、白い穂が様々に色に変化するのです。それを楽しみにしています。

ネコヤナギの穂が膨らんで

  コースの中程に、ネジキの新芽がとてもきれいなところがありました。枝がほとんど真っ赤なのです。その色の美しさに驚かされます。

ネジキの新芽がきれい

  何と驚いたことに、ホトケノザの花が咲き始めていたのです。ピンク色の花がきれいです。いつも春先に、オオイヌノフグリとともに咲く花ですね。それも咲いていましたが、あまりにも少なく小さいので写真を撮るのを忘れました。

ホトケノザの花が咲いた

  小さい花をアップすると、その美しさに感動しますね。濃いピンクの先端とその下の淡いピンク色の花が何とも言えません。雑草には違いありませんが、こんなに美しい雑草があることに驚かされます。

ホトケノザの花は

  道端に、サクラソウが二輪だけ咲いていました。これも春にはありふれた花ですが、この真冬の花のない季節にはとても美しく感じられますね。写真の左側のオレンジ色のものは何でしょうか?

サクラソウの花が

  これまたびっくりしたのですが、スイセンが芽を出し始めていたのです。春にはきれいな花を咲かせますが、まだ真冬の季節にもう開花の準備をしていたのですね。

スイセンが芽を出した

  開成地区の処理場の南の川沿いに、マンサクの花が美しく咲いていました。わが家のマンサクは栽培種で開花が早いのですが、ここの自然のマンサクは開花が少し遅いようです。でも、黄色い花は美しいですね。

マンサクの花が咲いていた

  下の植物は、花が咲いてみないと分かりませんが、ハハコグサではないかと思います。去年は、ここにハハコグサが春にたくさん咲いていたことを思い出したからです。

ハハコグサが芽を出した

  以上のように、今は大雪が降るような真冬の季節ですが、もう春の準備が着々と進んでいるのですね。春はそこまで来ていたのです。本格的な春が待ち遠しくなりますね。









スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。