スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェンマイの旅4 大型ショッピングセンター開店式に僧侶の読経が!

    街に出てみました。とくにこの日は、近くにMAYAという大型ショッピングセンターの開店日ということで、たくさんの人々が集まっていました。下の写真がMAYAの建物です。地上5階、地下1階の大きな素敵なビルです。高い壁に大きなスクリーンがあって、商品の宣伝などを絶えず流していました。 

MAYAの開店

   驚いたことは、その開店祝いの式典に、下の写真のようにたくさんの僧侶がテントの下で読経をしていたのです。そして、それをテレビに写して高い壁のスクリーンにその映像を流していました。お店の開店祝いに僧侶が読経するなんて、日本では絶対に見られない光景ですね。このチェンマイでは、仏教がそれほど人々の生活に溶け込んでいるのです。先ず、それに驚きました。

開店式に僧侶の読経

  周辺には、お店の建設に関わった関係者が皆、僧侶の読経に合わせて合唱する姿勢を保っていました。合唱しているのはテントの下の関係者ばかりでなく、道行く人々が同じように頭を垂れて合掌しているのです。

合掌する仏教徒たち

  式典の広場には、祝いの献花台(というよりもきれいで豪華な建物、下の写真の白い建物)の中や前に、美しい花や果物などが飾られているのです。それが色とりどりで美しいこと! これにも驚きました。日本では、こんな風習はないですよ、ね。

献花の建物

献花台への供え物が

  これも驚いたことの一つですが、お店の前の街路樹にココナッツヤシが植えられていて、ココナッツの実がたわわに生っているのです。ココナッツは、果樹園のようなところで栽培されているものとばかり思っていましたが、違うのです。どこでも生っているのです。

街路樹にココナッツヤシ

  たくさんの人々が開店に合わせて集まってくるので、その人々を目当てに隣りの空き地にはたくさんの露店が立ち並んでいて客寄せをしていました。タイは屋台がたくさん出て、その買い物が面白いと聞いていました。ありとあらゆる食べ物を売る店、飲み物の店、雑貨を売る店、土産物を売る店などいろいろです。下は、食べ物(おそらく味付けご飯を売っているのでしょう)の屋台ですね。

屋台のお店

  下は飲み物を売るお店で、若い人達が買って飲んでいました。

ドリンクのお店

  下は、ソーセージを蒸していてそれを売っているお店です。写真のように、屋台といってもリヤカーのようなもので食材や調理器具を運び、そこで商売をするのですね。衛生のことが気になりますが、安くて美味しいのです。日本円で100円(30バーツ)も出せば、昼飯くらいなら食べられます。

食べ物の屋台

  車で走っていても、少しでも人の集まるところにはこのような屋台が立ち並びます。あるいは、屋台が集まる場所に人も集まるのかもしれません。ですから街の至るところに屋台があるという感じです。下の写真は、屋台のお店の人たちが車で資材を運んでくるのですが、その車が駐車してあるとことです。道の両側に少しでも空き地があると、車やバイクが占拠してしまうのです。

屋台の通り

  メインロードを少し先まで歩いたら、下のような人物の肖像写真が掲げられていました。タイ国王の肖像の写真です。タイでは国王が大変尊敬されており、各地にこんな肖像写真が建てられているのです。これにもびっくりしました。とくにチェンマイは国王派の拠点地域、絶大な人気があるそうです。

国王の肖像画が

  その前にある大きな木に赤い花が咲いていました。名前はわかりませんがきれいです。

赤い花の樹木が

  ボクらがチェンマイに滞在している頃、国立のチェンマイ大学が卒業式のシーズンでした。チェンマイ大学は60年ほど前に設立された国立大学で、チェンマイのあらゆる分野の指導者を養成する大学で、エリート養成大学とも言えます。卒業生は各学部合わせて6000人ほどになるので、卒業式も各学部ごとに日をずらせて行われるので、全部で一週間くらいかかるということです。
  面白いことに、チェンマイ大学の卒業式は、卒業する人の家族や親族・友人が多数集まって祝福する習慣があり、大学の敷地内にゴザを敷いて宴会をするのだそうです。それは賑やかなもので、一種のお祭りのような雰囲気になるそうです。ボクらはそこには行きそびれましたが、車で通りかかったのですが、それは賑やかな光景でした。面白い風習ですね。街中に下のような看板が建てられて、街中で卒業を祝うのです。写真のCMUはチェンマイ大学(Chiang-Mai University)の英文字の頭文字を取ったものです。散歩した時に、正装して角帽をかぶった大学卒業生の集団に出会いました。Congratulation !
 と声を掛けましたが、嬉しそうでした!

チェンマイ大学卒業式の宣伝






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。