スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大門公園のクロガネモチがきれい!冬の矢作川の風景がきれい!

   一昨日は、久しぶりに冬の矢作川を見たいと、大門公園から矢作川の土手を散歩しました。大門公園の植木にクロガネモチがあり、真っ赤な実をたくさん付けていました。常緑の低木ですが、その実がきれいなのです。それで、しばしば街路樹として植えられていますね。

大門公園のクロガネモチ

クロガネモチの赤い実は

  大門公園は、矢作川の水を引いて真ん中に大きな池があります。その景色がとても素敵なのです。
  さて、これまでは、2台のカメラ(普通角のカメラと望遠レンズのカメラ)をもって歩くのは重いので、植物などの詳細を写すのに便利な望遠レンズ付きのカメラを持って歩いていたのです。普通角のカメラはときどき使う程度でした。狭い小さなカバンに入れておくと、つい無理して押し込みますので、普通角のカメラに支障が生じることがあるのです。今回は、オートにしてもシャッターが降りなかったり、ピントが合わなかったりしました。そこで、カメラのキタムラに行き見てもらったところ、レンズがキチンど本体にはまっていなかったことが原因でした。暫くぶりで普通角のカメラを使って写していたら、なかなか良いのです。上下の写真でそれが分かるでしょうか。広角で写していますので、奥までピントが合っています。焦点深度が深くなって、遠景までよく見えるのです。今後はもっと普通角のカメラを多用しようと思っているところです。


大門公園の池の風景

  矢作川の土手から北の方を見たのが下の写真です。広い河川敷の様子も、遠くの山々もよく写っています。

矢作川の河川敷の風景

  下は、河川敷の遊園地の遊具に子どもたちが遊んでいる風景を写したものです。子どもは遊具が好きですね。普通角のカメラもズームできるのですが、遠くからではこれが限界です。その点は、望遠レンズは良いですね。

河川敷の遊具に遊ぶ子どもたち

  下の写真の水辺に注目してください。何やら岸辺にコンクリートの杭のようなものが並んでいます。これは河川工学では、護岸水制というもので、洪水の時に護岸が崩れるのを防ぐために作る装置です。ちょうどそれが設置されている場所は、川が右の方に張り出して曲がっているところです。そういうところでは、洪水の勢いが強くなり、護岸が侵食されやすくなります。その侵食を防止するために杭をたくさん打って護岸を守るのですね。

矢作川の護岸水制

  土手をずっと北の方に歩いていったら、グランドの周りにカラマツの並木になっていました。カラマツは落葉針葉樹、落葉するスギのようなものと言ったらよいのでしょうか。この季節は黄色く黄葉するのがきれいなのですね。

グランドのカラマツ並木








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。