スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大量のキクイモの収穫が!本宮山「天の磐座」に!ニシキギ、カリンの実がきれいでした!

  秋も終わり、冬に入ったので、大きくなって葉を落したキクイモを収穫しました。背丈は2mを超えるようなおおきな草本です。名前のように菊のような黄色い大きな花が咲きます。とてもきれいなのですが、すごい繁殖力なのです。お隣りさんから小さな苗を頂いたのですが、見る見るうちに広がり、今は2m四方の畑を大きな茎と葉が占拠しています。昨日はそれを刈り取って、根っこのキクイモを掘り出したのですが、すごい量なのです。土に桑を入れるたびに、ごっそりと芋が出てきます。収穫の面白さを体験しました。その成果が下の写真です。もちろん洗ったあとの芋です。今は、醤油漬けにして食べていますが、美味しいです。聞くところによると、キクイモは栄養価が少ないので、糖尿病の最高の薬なのだそうです。糖尿病の人に差し上げたら、とても喜んでいただきました。

キクイモの収穫が

  9日の月曜日は、本宮山の周辺を歩いたのですが、今回は駐車場から女道を下って戻っくるコースを歩きました。看板ではなだらかに道のように書いてあったからです。気持ちの良い道で下って言ったら、真っ赤な鳥居があり、中に入っていくと「天の磐座」がありました。看板によると、大ナムチの尊がこの岩の上に立って地上を見渡し、国見をしたという故事に由来する岩だそうです。囲いがしてあって岩の上に立つことはできませんが、すごい断崖絶壁です。

雨の磐座が

  その脇の急坂の道を降りていったのですが、下の写真のようなものすごい急坂で、怖くなって引き返してきました。

岩の急坂は

  下から「天の磐座」見上げたのが下の写真ですが、目のくらむような断崖でした。

下から見上げる

  元の女道に戻って歩きましたが、そこは石畳になっていて歩きやすかったのですが、やはり急坂で難儀して下り、そして登りました。

女道の石畳が

  急坂をだいぶ下ったところに広場があり、そこに馬の背平という道標がありました。道の周辺の道標から、そこがくらがり渓谷からの谷と豊川からの登山道の峠になっているところだろうと推測しました。この急坂を来た道を引き返したのですが、とてもきつい行程でした。でも、体力を付けるには良いコースだと思います。これからも、しばしば来てみようと思います。

馬の背平の道標が

  帰り道に人工林の中に、ミヤマシキミの赤い実を見ることができました。

ミヤマシキミの赤い実は

  昨日の火曜日は、いつもの開成地区を歩きました。思いもよらないところに、ニシキギが赤い実を付けていました。いつも歩いているのに気がつかなかったのです。

ニシキギの真っ赤な実が

  ニシキギは枝に翼が付いていること、真っ赤な実がつくことなどが特徴ですね。実がきれいです。

ニシキギの真っ赤な実が2

  ある農家の庭先に、カリンの実が地べたに落ちていました。黄色い大きな実です。その木の根元も同時に写しました。

カリンの木と実が

  カリンの実なんてほとんど見たことがなかったので、とても興味を覚えました。

カリンの黄色い実が






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。