スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだリンドウが咲いていた!フユイチゴの実、コアジサイの黄葉、シロモジの冬芽がきれい!

  それにしてもひどい法律が国会を通ってしまいそうです。権力は国民が事実を知ることを恐れ、秘密にしたがります。国にとって都合の悪いことは秘密にされ、ぼくらの知る権利が損なわれるのです。暗い時代が再び来る予感がしますね。それにしても、自民党の石破幹事長の発言には驚きました。市民の正当なデモがテロ行為だとは、呆れてものが言えません。もっと恐ろしいのは、民主主義の「民」の字すらわかっていない人物が、政権政党のトップを占めていることです。恐ろしいことです。なんとしてもこんな悪法は許してはならないと思います。

   され、本題に戻ります。下の写真の植物は何でしょうか? 明瞭な鋸歯がある葉をもち、真っ赤な実が付いています。その実がきれいですが、種名が分かりません。


この赤い実は?

  下の植物は、おそらくアメリカイヌホウズキだろうと思います。やはり花や実がつかないと同定は難しいですね。葉の特徴から判断しました。

アメリカイヌホウズキだろう

  守義林道を逆方向の菅沼から入った道で、一輪だけリンドウのつぼみを見つけました。美しい色合いが目を惹きました。

リンドウのつぼみがきれい

  下の植物も、名前が分かりません。たくさんの赤い実を付けていました。葉がしおれかかっていて、表の模様がよく分かりません。

この赤い実は何か1

この赤い実は何か2

  下の植物は、よくわかりました。フユイチゴです。ハート型で細かい鋸歯のある大きな葉で、真っ赤な実が付いていました。道の両側にズラーと群生していたのですが、実がついていたのはわずかでしたので、実の最盛期ではなかったようです。

フユイチゴに赤い実が

  下も、名前が分からない植物でした。ワセオバナというイネ科の植物かもしれません。でも、確かではありません。

ワセオバナか?

  下は、コアジサイです。いま、至るところに黄葉して葉が良く目立ちます。

コアジサイの黄葉がきれい

  下は、おそらくサワダツだろうと思います。というのは、実が真っ赤で、仮種皮が割れて橙赤色の種が見えること、若い枝が緑色をしていることなどが判断の根拠です。紅葉がきれいですし、真っ赤な実もきれいですね。

サワダツの赤い実は

  今、この地方に広く分布するシロモジはすでに葉を落としています。そうすると、冬芽がよく見えるようになります。下がその冬芽の形です。青空に映えてきれいです。

シロモジの冬芽が

  それをアップしたのが下の写真で、よく見ると丸い粒が数個並んでいます。丸いのは花芽です。尖ったのは葉の冬芽です。形が面白いですね。

シロモジの冬芽をアップ











スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。